Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

「せりふを読んでみよう  劇作家と俳優のためのせりふの読みかたワークショップ 」第5回のお知らせ

2017-06-30 | Weblog
昨年9月に私も講師を務めた「せりふを読んでみよう  劇作家と俳優のためのせりふの読みかたワークショップ 」が、今年8月、第5回めとして、川村毅氏を講師として開催されます。

この枠は俳優・劇作家とも、参加費は無料です。
講座内容も魅力ですが、過去のワークショップ同様に、有意義な出会いがあると思います。

私は今回は、トークセッション等には参加できませんが、初日には顔を出せると思います。

川村氏の講座は、とても楽しみです。

以下、情報です。

──────────────────
《俳優(受講)&劇作家(聴講)&見学者募集!》
★ 日本劇作家協会「せりふを読んでみよう」★
劇作家と俳優のためのせりふの読みかたワークショップ
─────────────
⇒詳細 http://www.jpwa.org/main/activity/serifu
─────────────

《解読不能の荒野へ ── 川村 毅 》
自分探し、幸せ探し、生き方探しと時代は何かを探すのを是としていますが、
ただ「在る」ことを受け入れて、意味探しを通さずに台詞を言葉を発することができたらと考えています。
よくわからないですね。参加すればわかるかもしれない。わからないままかもしれない。
まあ小難しいことをやるわけではありません。どしどしご参加ください。

─────────────
【日程】 8月17日(木)・18日(金)・21日(月)・22日(火) **初日と最終日は一般公開
【会場】座・高円寺 B2F(1・4日目)/東京芸術劇場 B2F(2・3日目)
【講師】川村 毅
【最終日トークセッション】「せりふを見つめよう」 (川村毅、中津留章仁、古川貴義、古川健)
【参加費】無料

【概要】
「せりふを読んでみよう」は発語に特化したワークショップです。
第5回となる今回の講師は川村毅。テキストを題材に、公募した俳優たちに指導します。
今回は劇作家に限り全4日間の聴講が可能。演劇の現場を学びたい方、川村毅の方法が知りたい方におすすめです。
また、初日および最終日は一般公開で、どなたでもご見学いただけます。
受講・聴講・見学のいずれも無料。この機会にぜひお申込みください。

◯ スケジュール
・8月17日(木) オリエンテーション+稽古
・8月18日(金) 稽古
・8月21日(月) 稽古
・8月22日(火) 稽古+リーディング発表+トークセッション

──────
◎ 申込み
──────
◯ 俳優(受講)募集=応募受付期間:受付中!ー7月13日(木)締切
[募集人数] 12名 **書類選考あり
[応募資格]
・20歳以上/舞台経験年以上/プロの俳優として生計を立てていくことを目標にしている方。
[受講料] 無料
[応募方法]
・全4日間の受講が可能な方のみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)と写真2枚をメール添付で送付。
⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

◯ 劇作家(聴講)募集=応募受付期間:受付中!ー7月13日(木)締切
[募集人数] 10名 **書類選考あり
[応募資格]
・年齢不問/経験不問/演劇の現場について学びたい方。プロのとして生計を立てていくことを目標にしている方。
[受講料] 無料
[応募方法]
・全4日間の聴講が可能な方のみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)をメール添付で送付。
⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

◯ 見学予約=7月17日(月)予約受付開始! 先着順に受付し、会場定員に達し次第締切。
[一般公開対象日]
・8月17日(木) 13:00ー16:15
・8月22日(火) 13:00ー16:30
**両日来場の他、どちらか1日のみのご予約も承ります
[入場料] 無料
[予約方法] 受付開始日以降にサイトに設置の予約フォームよりお申込みください。
・ご予約案内: http://www.jpwa.org/main/activity/serifu#kengaku

──────
◎お問合せ
──────
松本 悠・国松里香
日本劇作家協会 事務局
TEL: 03-5373-6923
MAIL: jpa.serifu@gmail.com (せりふWS専用)

Webサイト: http://www.jpwa.org/
Facebookページ: https://www.facebook.com/JapanPlaywrightsAssociation
------------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はたもとようこさん(桃園会 ... | トップ | 「イメージ」なので、「共謀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL