Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

「反安倍行動」を呼びかける「こんな人たち」を、「共謀」していると見なしますか?

2017-07-02 | Weblog
報道によれば、安倍晋三首相は1日、JR秋葉原駅前で、最初で最後の都議選(2日投開票)の街頭応援演説を行った。
演説会場には「安倍辞めろ!」「安倍たおせ」「安倍政治を許さない」「国民をなめるな」「臨時国会をいますぐ開け」などと書かれた横断幕が掲げられ、これを覆い隠すように自民党ののぼりが密集。対抗する自民党関係者が「自民党青年局」と書かれた旗を林立させて、プラカードなどを見えなくしようとした。
日の丸の小旗を振る自民支持者と、プラカードを掲げ首相到着前から「安倍辞めろ」と連呼する集団が入り乱れ、騒然。森友学園の籠池泰典前理事長も姿を見せマスコミに「100万円返金したい」とデモンストレーション、混乱に拍車をかけたそうだ。
「一部の人たちが演説を邪魔する」と不機嫌な石原伸晃議員に続いて、安倍首相が登壇。すると聴衆から「帰れ」「帰れ」復唱のコールが巻き起こった。やがてコールは「安倍辞めろ!」の大合唱に。安倍総理は早口で何かを喋り続けるも、ほぼ聞き取れず、「人の演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない」と反発。「国会開け!」という市民の「正論」に顔を背け、「安倍辞めろ」コールが沸き起こる正面には目線を向けず、ついに安倍総理は有権者である市民・聴衆に向かって指さし、「憎悪からは何も生まれない。こういう人たちに私たちは負けるわけにはいかない」と苛立ちを露わにした。

NHKのニュースでは、安倍総理へのブーイング、帰れコールは消されていたという。応援演説で、候補ではなく総理本人が市民から非難を受け、挑発し返した顛末は、報じるべき社会現象ではないのだろうか。

現場には『永続敗戦論』の白井聡・京都精華大学講師もいたという。
「帰れ」の一団は、どうやら「安倍晋三辞めろ隊」(?)というTwitterで「反安倍行動」を呼びかける動きに呼応して集まったと見る向きもある。ただそれだけではあの人数の「帰れ」コールになったかどうか、わからない。最初は十人程度だったのが膨れ上がったという意見も聞く。そこにいる全員が組織されていたとは限らない気がする。

猪瀬直樹はTwitterで、「テレビで見たけれど、あの「安倍辞めろ」コールはプラカードなどから、共産党の組織的な行動ですね。ところがふつうの視聴者には、「辞めろ」はあたかも都民の声と聞こえてしまう。そこが安倍首相・自民党がおかれた逆風の厳しさだね。」と呟いている。リベラルな言動を見れば「共産党」と決めつけるのがこの人の限界だろう。
護憲派の演説が改憲派の市民から妨害されるおそれもあるから「応援演説への抗議」は賛成できないという意見もあるらしいが、組織されずとも自然と声を上げた人たちがいたのは、間違いがない。

そして、安倍首相のいう「こんな人たち」とは、どんな人たちのことだろう。時の権力を非難するということで、市民=有権者のことを「こんな人たち」と言うのだろうか。少なくとも民主主義の中で首相の立場にある者なら、自分が非難されるだけのことを繰り返しているからそういう声が上がるのではないかと疑うことは必要だろう。

さて、この秋葉原でのことについて、Twitterで「反安倍行動」を呼びかける動きがあったらしいことにあらためて注目したい。
安倍政権はなぜ「新共謀罪」を急いだか。
まさにこのような「Twitterで「反安倍行動」を呼びかける動き」を「事前に」取り締まることが目的だったかもしれない。
では、「Twitterで「反安倍行動」を呼びかける動き」は、「共謀罪」が適応された場合、何に該当するのか。

【テロの実行に関する犯罪=110】
 (刑法)内乱等ほう助▽騒乱▽現住建造物等放火▽非現住建造物等放火▽建造物等以外放火▽激発物破裂▽現住建造物等浸害▽非現住建造物等浸害▽往来危険▽汽車転覆等▽水道汚染▽水道毒物等混入▽水道損壊及び閉塞(へいそく)▽傷害▽未成年者略取及び誘拐▽営利目的等略取及び誘拐▽所在国外移送目的略取及び誘拐▽被略取者等所在国外移送▽営利拐取等ほう助目的被拐取者収受▽営利被拐取者収受▽身代金被拐取者収受等▽電子計算機損壊等業務妨害▽強盗
以上のうちの「騒乱」に当たるかもしれない。

(組織犯罪処罰法)組織的な封印等破棄▽組織的な強制執行妨害目的財産損壊等▽組織的な強制執行行為妨害等▽組織的な強制執行関係売却妨害▽組織的な常習賭博▽組織的な賭博場開帳等図利▽組織的な信用毀損(きそん)・業務妨害▽組織的な詐欺▽組織的な恐喝▽不法収益等による法人等の事業経営の支配を目的とする行為▽犯罪収益等隠匿
以上のうちの「組織的な信用毀損・業務妨害」を目的として集合をかけた、となるかもしれない。

(組織犯罪処罰法)組織的な殺人▽組織的な逮捕監禁▽組織的な強要▽組織的な身代金目的略取等▽組織的な威力業務妨害▽組織的な建造物等損壊
というのもある。
例えばこのうちの「組織的な威力業務妨害」。沖縄の反基地闘争でブロックを動かしたり、ゲートの有刺鉄線を切る行為は「組織的な建造物等損壊」になるのかもしれない。

誰かが「反安倍行動」を呼びかけるTwitterを既読にしただけで、その人は「共謀」の片割れになるのだろうか。友達に転送したり、拡散したら?
仮に、誰かが「反安倍行動」を呼びかけるTwitterを既読にしていたとして、たまたまその時、秋葉原に通りかかり、素直にそう思うので「国会開け!」「安倍政治を許さない」と言ったとすると、「共謀」の事実があったことにされてしまうのだろうか。
既に、そういうことを怖れて「自粛」を考え始めている人たちがいる。
表現の自由の抑圧は進んでいるし、「あの秋葉原が「最後の自由」だったね」などという事態になっては、かなわない。
考えすぎと言うだろうか。「そんなに時代が変わるはずがない」と思われるだろうか。いやいやもうとんでもなく変わってしまっている。今声をあげずにいつあげるというのだ。

「新共謀罪」は、あと十日で施行されるのである。
「もしも」があるなら、専門家諸氏に、対応策をご教示願いたいと思う。


※写真は、燐光群『ときはなたれて』

2004年、精華小劇場の[オープニング事業]を、桃園会『熱帯夜/うちやまつり』と燐光群『ときはなたれて』の連続公演で飾った。いま、桃園会の深津さんの作品『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』(http://rinkogun.com/wangansen.html)をやっているためだろう、なぜか時々思い出す。

この写真の芝居は記事とは直接の関係はないわけだが、「共謀罪」と聞くと「冤罪」という言葉が脳裏を駆け巡る。これは再審で冤罪を晴らすことが出来たアメリカの死刑囚たちが自らの心の傷を語る劇だった。冤罪を被らされたまま死んでいった者も多くいるはずで、重い芝居だった。

作=ジェシカ・ブランク&エリック・ジェンセン by Jessica Blank and Erik Jensen
訳=常田景子 演出=坂手洋二

冤罪によって死刑判決を受け、苦難の末に解放された「元死刑囚」たち……。
アメリカ全土で深い感動と、死刑制度廃止に向かうムーブメントに支えられ、社会現象といえる大きな反響を巻き起こした話題作。
かつて死刑囚として刑務所に収容されていた経験をもつ40人の人々と、その家族へのインタビューをもとに、幾度かのリーディングを経て、練り上げられた。
2002年にティム・ロビンスの「シアター・ギャング」(L.A.)で初演された後、同年10月から2004年3月までオフ・ブロードウェイにて約1年半に及ぶロングランとなり、リチャード・ドゥレイフィス、ブルック・シールズ、ロバート・ヴォーンら、多彩な俳優たちが出演している。
また、2003年アウター・クリティックス・サークル賞〈最優秀オフ・ブロードウェイ作品賞〉をはじめとする、数々の賞を受賞。
……『ララミー・プロジェクト』『CVR チャーリー・ビクター・ロミオ』に続いて、燐光群が上演する、アメリカ演劇最新作。

<東京>2004年10月1日(金)〜11月2日(火) 梅ヶ丘BOX
<名古屋>11月5日(金)~8日(月)七ツ寺共同スタジオ
<大阪>11月11日(木)~14日(日)精華小劇場[オープニング事業]
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「都民ファースト」より「人... | トップ | 劇作家協会 戯曲セミナー「研... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
7/6より上演!『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』 (燐光群制作部 古元)
2017-07-02 15:36:09
文中にある、坂手洋二の演出作『湾岸線浜浦駅高架下4:00A.M.(土、日除ク)』は、下北沢ザ・スズナリにて7/6より上演いたします。ご予約・ご来場を心よりお待ちしております。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事