coinu*branch

桃(雑種犬)と胡桃・小麦・小豆・マロン(キジトラ猫)・梅(黒猫)と私の日々のあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016.11.02_桃、三回忌

2016年11月08日 09時01分23秒 | 日記

先日11月2日が桃の三回忌でした。

とはいえ、お寺で法要をするわけではなく。いつもより、桃を感じてすごしただけですが……。

私が30歳になるときに来た子なので、先代の犬コロは兄弟のようでしたが、桃はやはり子どものような存在だったんだなあ、と。あまり動物を子ども扱いしたくない! なんて普段偉そうなことを言っていても、いなくなったときの喪失感、ダメージは二年という月日ではなかなか癒せないものです。今でも、桃のことを考えると、声をあげて泣くときがあります。

でも……。あれだけ辛かったコロや母親の死に対して、今、私は思い出しても号泣することはないんです。思い出すと、なんだか遠赤外線ヒーターに暖められたようなそんなほんわかした気持ちになります。あれだけ身が引き裂かれるような悲しみも時間とともに、消えていきます。

それを当時の私はたぶん、とても恐れていました。そして、今、桃に対してそうなることをとても恐れています。

2014年11月2日の夕方撮影。夜22時半ごろ、桃永眠。

夏に脳梗塞になってから何度か奇跡の復活をし、本当によく頑張りました。

私がかろうじてペットロスにならずにいられるのは、世話をしなくてはいけない五匹(いつの間に!)の猫たちがいるから。あまり桃のことばかり悲しんでいると、猫たちもあっという間に老いてしまいます。「2016年のケモノたちが最優先」と自分に言い聞かせています。いつか、桃と再会したら、いっぱい頭をなでてあげよう。それまでは目の前の愛すべきものたちにひたすら愛を注ぐのだ、という私の決意を知ってか知らずか、暖をとりに私に猫たちが寄りそってくる今日このごろです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マロン、猫部屋デビュー | トップ | 2016.11.24_初雪 »
最近の画像もっと見る