古布で小物を作る ・ 暇を見つけては読書

古布を利用して袋物やテーブルウエアなどを作って楽しんでいます。
合間には読書してます。

「天使の梯子」・・・村山由佳 著

2017-07-16 | 読書
久々の書籍紹介です。

村山由佳さんの「天使の梯子」
男子高校生と若い国語科女性教師の恋物語です。

とはいっても
恋に発展するのは、
高校生が大学生になり、先生は学校を辞めて数年たって
二人が再会してからのお話。


二人とも、辛い過去を背負っていて
偶然にもその内容が同じようなものであることが
しだいにわかるのですが・・・


物語の中に
宮沢賢治の「告別」という詩が出てきます。


本の見開きにその一部が載っておりました。


もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ


次に読むのは賢治の詩集「春と修羅」ですかね~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉ねぎ模様のトートバッグ | トップ | 上履き入れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL