思いつくまま

日々の思いの記録を残したく・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三国演義14話《曹孟德移駕幸許都,呂奉先乘夜襲徐郡》26

2017年06月14日 | Weblog
次日,玄德使命の回京を送し,拜表の謝恩を就し,並に回書を曹操に與し,只容緩に圖すと言す。使命回し曹操に見し,玄德の不殺呂布之事を言す。操彧に問し曰:"此計成ず,奈何とす?"
彧曰:"又有一計,名曰『驅虎吞狼之計』。" 操曰:"其計とは如何?" 彧曰:"暗に人を袁術處に往させ問を通し,劉備が密に表を上し,南郡を要略することを報說す。術之を聞し,必に怒して備を攻し,公乃ち明に劉備が袁術を討すを詔す。兩邊相併せば,呂布必に異心を生し:此れ『驅虎吞狼之計』也。" 操大喜し,先に人を發し袁術處に往す;次に天子の詔を假し,人を發し徐州に往さす。
*
次日,玄德送使命回京,就拜表謝恩,並回書與曹操,只言容緩圖之。使命回見曹操,言玄德不殺呂布之事。操問彧曰:"此計不成,奈何?" 彧曰:"又有一計,名曰『驅虎吞狼之計』。" 操曰:"其計如何?" 彧曰:"可暗令人往袁術處通問,報說劉備上密表,要略南郡。術聞之,必怒而攻備,公乃明詔劉備討袁術。兩邊相併,呂布必生異心:此『驅虎吞狼之計』也。" 操大喜,先發人往袁術處;次假天子詔,發人往徐州。

27
さて、玄德徐州に在し,使命の至を聞し,出郭し迎接す;詔書を開讀し,卻に是れ起兵し袁術を討すを要す。玄德領命し,使者先に回すを送す。糜竺曰:"此れ又是れ曹操之計。" 玄德曰:"是れ計と雖ど,王命に違う不可。"
*
卻說玄德在徐州,聞使命至,出郭迎接;開讀詔書,卻是要起兵討袁術。玄德領命,送使者先回。糜竺曰:"此又是曹操之計。" 玄德曰:"雖是計,王命不可違也。"
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三国演義14話《曹孟德移駕幸... | トップ | 三国演義14話《曹孟德移駕幸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。