思いつくまま

日々の思いの記録を残したく・・・・

三国演義《袁紹磐河戰公孫,孫堅跨江擊劉表》27

2017年03月21日 | Weblog
呂公三十騎を切断し,並に皆殺し盡し,<於>連珠號砲を起す。城中の黃祖,蒯越,蔡瑁,頭を分し引兵殺出,江東の諸軍大亂す。黃蓋喊聲震天を聽得し,水軍を引し殺來し,正に黃祖を迎著す。戰不兩合に,黃祖を生擒す。程普孫策を保著,急ぎ尋路を待すと,正に呂公と遇.。程普馬に縱い向前し,戰數合に不到して,一矛刺で呂公を馬より下す。兩軍大戰,殺天明に到り,各自軍を收。劉表軍自入城す。孫策回し漢水に到り,方に父親が亂箭により射死し,屍首已に劉表軍士扛抬により城に入り去るを知り,放聲大哭す。眾軍俱に號泣す。策曰:"父の屍彼に在り,安ぞ鄉に回するを得む!" 黃蓋曰:"今活捉して黃祖此に在り,一人城に入り講和し,將に黃祖を去り主公の屍首と換うことを得む。"
*截(セツ=1.<たつ,きる>切断 2.口がうまい)

呂公截住三十騎,並皆殺盡,於起連珠號砲。城中黃祖,蒯越,蔡瑁,分頭引兵殺出,江東諸軍大亂。黃蓋聽得喊聲震天,引水軍殺來,正迎著黃祖。戰不兩合,生擒黃祖。程普保著孫策,急待尋路,正遇呂公。程普縱馬向前,戰不到數合,一矛刺呂公於馬下。兩軍大戰,殺到天明,各自收軍。劉表軍自入城。孫策回到漢水,方知父親被亂箭射死,屍首已被劉表軍士扛抬入城去了,放聲大哭。眾軍俱號泣。策曰:"父屍在彼,安得回鄉!" 黃蓋曰:"今活捉黃祖在此,得一人入城講和,將黃祖去換主公屍首。"

28
言未畢,軍吏[桓楷]出曰:"某 與.劉表有.舊,願:入城為.使。" [策]許.之。桓楷入城/見.劉表,具說.其事。表曰:"文臺屍首,吾 已用.棺木/盛貯/在.此。<可><速>放回.黃祖,兩家各罷.兵,再休.侵犯。" 桓楷拜謝<欲>行,階下蒯良出曰:"不可! 不可! 吾 有.一言,<令>江東諸軍片甲<不>回.一一/請:<先>斬.桓楷,<然後>用.計。"
正是:[追.敵]孫堅<方>殞.命,[求.和]桓楷{又}遭.殃。<未>知.桓楷性命<如何>,且聽.下文分解。
*殞(イン=1.<おつ>落ちる落とす2.死ぬ):隕石
*殃(オウ=<わざわい>禍,災難,咎め)
*歹(タイ=がつへん,悪い)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三国演義《袁紹磐河戰公孫,... | トップ | 三国演義《王司徒巧使連環計... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。