読みました

本を読むのが好きです。
忘れないように感想等を書いています。
その他、ねこのひとり言…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空は・・・。

2008-01-31 21:20:59 | 勉強&パソコン
                   

 毎日の天気が猫の目のように変わります。

 昨日の空が面白かったので撮りました。

 
 少し加工もしてみました。 画面をクリックしてみて下さい。↑↓
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

練習4

2008-01-30 22:18:45 | 勉強&パソコン

梅の花&蕾

画像の横に文章を入れたい…☆

何とかうまく出来ました。

画面をポイントしてみて下さい。→

楽しい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一輪。

2008-01-30 12:16:59 | Weblog
      

 昨日までの寒さを忘れそうに暖かいです。
3月並の気温なのだそうで…。

 着込んで散歩に出たら、夏のように大汗を書いてしまいました。
でもまだ節分前なのに…。

「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」(服部嵐雪)ではないですが、ご近所に梅が咲き出しました。

 ps-トキさんへ、グループのアドレスにメールしました。読んで見て下さい。

                    
                
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

負けるな!

2008-01-29 23:38:23 | 勉強&パソコン
                

 寒い日が続いています。
世の中も暗いニュースが多いこの頃です。

 そんな憂鬱を癒してくれる我が家のシクラメンです。
 画面をクリックしてみて下さい。



     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷ってます・・・。

2008-01-28 22:22:04 | 手芸
                    
    
 サークルの会員が共同で作る、サンプラーキルトのトップ(表)↓だけは出来たのですが、縁をどんな布にしようか迷っています。

    
 
 羽の模様の布にするか、無地の方にしようか。
他に茶色の水玉もいいかしら… どうしようかなー 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習3。

2008-01-27 12:55:07 | 勉強&パソコン
                        

 友人から教えてもらったソフトが面白くて加工してみました。
 
 他にも試してみたい加工方法がたくさんあるのですが、これから少しづつチャレンジしてみます。

      

 もしかしたら、もっと勉強も必要かも知れません。

 のようにコツコツやってみます。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

練習2

2008-01-26 10:57:03 | 
       

 友人から教えてもらった方法で写真をアップしてみました。
 イタリアの猫と鳩です。
 ちょっと忙しい画面です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩の途中Ⅸ

2008-01-25 21:31:47 | 散歩
              

 天気が良いので「富士山が見たい!」と散歩に出かけました。

 歩道橋の上は風が冷たいけれど、期待どおりの富士山が見えました。

 

 頂上まで雪で真っ白です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一周忌。

2008-01-24 23:01:46 | Weblog
     

 友人の息子さんが亡くなって一年になりました。
朝メールで都合を聞いたら、昼近くには居る、との事で花とお備えを持って伺いました。

 昨年夏にお邪魔した時はこのままでは倒れてしまう?と心配なほど憔悴していましたが、今日は応対がしっかりしてきた様子に少し安心しました。

 遺影に手を合わせていたら、励ますつもりで来た私が
忙しさにまぎれていても、やはり「まだあの日で時間が止まっている」そうです。
 
「人生は長さじゃなくて濃さ。家族も作れたし楽しい人生だったかもよ?」と私が言うと「そうかもしれない」と友人も。

 大きな痛手を負った時は誰でもすぐには立ち上がれません。
 「ゆっくりでいい、少しづつ前に進めばいいよ」と言いました。

 深い悲しみから立ち上がるには、(時間)という薬が必要のようです。
 泣き虫の私には、励ますよりも一緒に泣いてあげる事しか出来ませんが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬眠中zzz。

2008-01-23 22:46:02 | 読書
      時々

 朝からの雨で散歩にも出られず、家事を済ませて本を読み出したら、半分読んで眠くなってしまいました。

 テレビの音が子守唄のように聞こえ、昨日の疲れが出てきたのでしょうか。
それでなくても蛇や熊のように、寒いとなぜか眠くなります

「サイドカーに犬」長島 有 著
 友人の結婚式でに上京した薫は弟と会い記憶に残る小学四年の夏を思い出す。

母が家出した夏休みの始め、程なく若い洋子が家にやって来た。
父の愛人と共に過ごした一ヶ月間の生活。

買い物や夜中の散歩にでかけ、おおらかな洋子と徐々に仲良くなるが、やがて母が帰って来て……。

 悲惨な状況ながら、躾に厳しい母から解放され、若い洋子との自由気ままな生活を楽しむこどもの屈託のなさが描かれて意外でした。
                
 また山口百恵、麦チョコ、ケンとメリーのスカイライン、ミグ戦闘機、キカイダーなど時代を現す言葉が懐かしさを感じさせました。

 もう1編の「猛スピードで母は」と共に芥川賞候補になりました。
まだこちらは読んでいません
              
                          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加