読みました

本を読むのが好きです。
忘れないように感想等を書いています。
その他、ねこのひとり言…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の読書②

2016-08-21 21:04:09 | 読書
                                     

昨日クーラーの中に居たせいか、湿度高めの
せいか、午前中はぐったりと元気が出なくて…

と言う事で、先月読んだ本の「下巻」の感想を書きました↓

          「桜ほうさら」下巻 宮部みゆき著

 古橋笙之介が見初めた少女は、和田屋の娘で和香と
わかり交流が始まる。ある日長屋に、女中頭おたつが

古本屋の治兵衛を尋ねて来る。行方知れずになった事を
知り帰りを待つうちに、笙之介の知らない治兵衛の過去を

知り、和香と共にある拐し事件に関わっていく。

事件が落着する度に、また仕事を通して古橋家に関わる
情報を得、少しづつ実家と父の死の真相に近づいていく。

そんなある日、故郷から兄が笙之介に会いに来る。

兄は何を話すのか?真相を知り、思いがけない事実に
驚愕する笙之介…。和香との関係はどうなるか?

 筆力のある作者は、ジャンルを問わず読ませるのね、と
ただ関心するばかりです。

時代劇でありながら難しい言葉もなく、読みやすい
小説でした。

「桜ほうさら」上巻 こちらからどうぞ&
ジャンル:
おもしろい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 止められない! | トップ | 台風の中で »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-08-22 16:54:42
こんにちは。

自分も「桜ほうさら」読みましたよ。
読みやすいですよね。
人生には思いがけないことが起きることもあります。
でも一生懸命生きていれば帳尻が合うようになっているのかなって思いましたよ。
Re (さかさねこ)
2016-08-22 22:17:45
ご訪問ありがとうございます。
本当に、読みながら考えさせれる物語でした。

なかなか読書も進みませんが
またのご訪問をお待ちしています☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事