ExlionS NOTE
Exlion's ROOMの離れ日記




ステータス50を省いて
とりあえず、今何が動いてるのかチェックする用

select "pid","tid","startdatetime","enddatetime","stationid","countno","filestatus","subtitle" atus from foltia_subtitle where filestatus <> '50'
order by filestatus,startdatetime desc


教えて頂いたステータスの一部(全部ではない)

RESERVINGLONG = 10
RESERVINGSHORT = 20
RECORDING = 30
RECTSSPLITTING = 40
RECEND = 50
WAITINGCAPTURE = 55
CAPTURE = 60
CAPEND = 70
THMCREATE = 72
WAITINGTRANSCODE = 80
TRANSCODETSSPLITTING = 90
TRANSCODEFFMPEG = 100
TRANSCODEWAVE = 110
TRANSCODEAAC = 120
TRANSCODEMP4BOX = 130
TRANSCODEATOM = 140
TRANSCODECOMPLETE = 150
ALLCOMPLETE = 200

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エンコードが詰まった挙句、一括更新の大技に出る・・・
テーブル展開からのUPDATEは無理だった。なぜかエラー

で、右上のSQLから実行すると これまた何故か成功する??

変更するのはfoltia_subtitleテーブルのfilestatus

変更途中はfilestatusの項目が200未満の数字が入っていることが予想される とのこと
この値を50に戻してあげると素敵になれるという話が多いので




とりあえず、ラジオが邪魔なので

・ラジオってつくタイトルの200未満はエンコをスキップ(999)
UPDATE foltia_subtitle SET filestatus = 999 WHERE subtitle LIKE '%ラジオ%' AND
filestatus < 200 AND filestatus IS NOT NULL


↑2バイト文字部分はNGワードっぽくて消える(滝汗

本命
・20161201以降で200未満であるデータを50へ
UPDATE foltia_subtitle set filestatus = '50' WHERE filestatus < '200' AND startdatetime > '201612010000'

実際は、もっと細かくしたいんだけど、最初のエラー連発で心が萎えた・・・orz
結果、オフィシャルのSQLをチョット弄っただけに(笑

とはいえ、実行処理が流れた 問い合わせフォームへの投稿前で良かった

こうなってくると、filestatusのステータス値のレイアウトが気になってしょうがない

もっと絞ったり、限定したりできるはずなんだけどなぁ



はてさて、巧く処理できたんだろうか・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私が、新海誠を知ったのはもう20年ぐらい前なわけですが
それがこの作品ですね

当時このOPを見た時の衝撃と鳥肌は今でも忘れられない。
何十回見直したか・・・今見直しても凄いと思う。

当時は解像度が低かったので本当に残念。これを高解像度でもう一度見てみたい。


【PC】 イースⅠ・Ⅱ完全版 OP2種 【100PASS】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そんなわけで地震ネタを・・・

4月14日(木曜)
「こんくらいで勘弁してやらぁ」と客先での仕事を終え帰る用意。
残ってたメンバーは私を含め3名。

笑って話していた。すると

ユサユサと揺れだす。「お、地っ!!(地震!?)」「ドンッ!!!」
地震という前に揺れだし、その後に「緊急地震速報」のアラートがけたたましく鳴り出す。
「おっそいわ!!ボケェ」と思いつつ。立って話してたので机を握って耐える。

数十秒揺らされて落ち着く。ふぅ・・・と見渡すと全く気が付いてなかったが
スリムPCが軒並み倒れ、PCモニタも床に落ちてたりする。ノートPCにモニタが割れてたり・・・。

入口の認証用自動ドアが動かなくなり自力で開ける。
兎に角、サーバーを落とす。電源の入っているPCも電源を落とす。

廊下に出ると給湯室の給湯器が壊れお湯が漏れ出し変に熱気を帯びている。・・・・

地震が落ち着くまでに40分程度がかかり、その間に見た目だけ応急対応をし帰宅。



もう自身の部屋の本棚やPCがぶっ倒れてるだろうなぁ・・・と絶望しつつ戸を開けると
朝出社したときと同じ状態。

ふぅ・・・どうやら自宅は大丈夫だったようだ。
へげさんとかとIRCで「イヤー地震凄かったですよ、でもTE、Gvでますよー」みたいな会話

事務所も無事という事で、客先の仕事場を掃除かなと気持ちを切り替える。

4月15日(金曜)
朝から出社して、客先前までの道のりで
熊本城の二の丸公園内堀の石垣が崩れているのを横目で見る。
つまり、益城を除くなら、復興とは「熊本城の復旧」という位置づけで考えていた
仕事場付近までのコンビニ・ガソリンスタンドは一杯で
でも、まだ平穏に近い状態だった、事務所前で今日は休みと知り自宅へ帰る。

ニュースでは活断層の話が出ており、断層南側が揺れているのを見て
バネや振り子の原理なら反対がはも危ないよなーなどとフラグを立てる。


自宅では特に被害が無かったため、情報処理の一夜漬けを始めるが、
夜中21時ごろに「試験が中止」になったことを知り脱力する。
そして日常の生活に戻る。


4月16日(土曜)1:24
普通にニコ動とかVitaとか弄っていると

ユッ(サ)ドン!!ユサユサユサユサユサ!!!!」と揺れだす。
そして「緊急地震速報」のアラーム「だっから!おせーんだよ!!!!」と
慌てて机左のスチール棚を抑えにかかる、そして右手でPCパネルを抑え込む

さらに揺さぶられ、何か落ちる音が聞こえるが見る暇がない^^;
そして停電。

事務所の地震は酷かったが、明らかに自宅は今回の方が揺れていた
そんでFaceBookに『今回の方が揺れた』と書き込んでたら停電。
携帯のライトを点灯させ、両親の安全を確認。それから車へ移動し寝ないまま朝を迎える。


さすがに落ち着いたので、家の中に戻り情報を集めるが。
熊本城が更に被害を食らってる。宇土櫓が全くでない・・・・

※熊本城の内部は鉄筋コンクリートなので余り貴重ではなく、
宇土櫓は唯一400年位前から建っているんで こっちが重要。

などと思っていたら、
阿蘇神社が崩壊(蛍丸の神社ね)
南阿蘇大橋が落ちていた・・・・。これは流石に信じられなかった。あの橋が落ちるのか???

そして向かいの山からの水。あれは発電用のパイプが壊れたかな?と思ったり。
(なによりあそこは、大学が夜間行軍(遠足)イベントで使ってたコースなので思い出深い)
その橋が・・・・。
地震はその後、熊本、大分間へ。


1発目が本震から前震へ変わり、2発目が本震へ変わる。
1発目の規模からして軽微でおわり、支援の皆さんが迅速に応援に駆け付けて1日開けてからの本震。
路線は止まり、空港も止まり、高速もダメ

大分の応援の方々に関していえば、応援に熊本に来たはいいが
今度は大分に戻れない。大分の被災地に駆けつけることができない。歯がゆい思いだったに違いない。
支援の現地入りが早かった分、2発目の本震は混乱の度合いを上げたと思う。

トラップが仕込まれた この地震はホントいやらしいと思う。


1発目無事だった事務所も2発目の地震で大ダメージを受け外壁や内壁、そして床にヒビが走りました。
キャビネットのガラスも砕け事務所の機能を失ってしまいました。


//---
ただまぁ自宅だけで言えば、昨日まっで断水、そして水が出始めたが濁っているのでまだ飲料としては使えない。
仕事もすでに4日年休取ってる状態。
ブラタモリでも言ったように、
熊本は水の国と言われるほど水が豊富で
「水が無い」なんて頭にありませんでした(「水を買う?ないわー」って位に(笑))

水がなくなって、水がないことは「どれ程不自由である」か十二分にわかった気がします。



//----
話は変わりますが
全国から応援に駆け付けたり支援していただきありがとうございます。この恩は胸に刻みます。
また、大分でも被災された方がおられます。熊本だけでなく大分にも支援をお願いいたします。


//-
私の家は被害が断水ぐらいでしたので
周りの山々と岩盤など地形に感謝したい所ですが、他の地区とのギャップに申し訳ない気もします。
早く日常に戻りたいです。



//--
1発目、安倍首相が熊本入りするといった時は被害状況的に邪魔にはならないかな?と納得
2発目で中止になって「まぁ当然だわな」と。

首相が来るという事は、警備から必要になるし 
説明するためには専門家が首相に着いて回る事になるだろう
それだけの人員と能力を現在進行形の被災地において割ける訳がない


//--
1発目当初は熊本城を復旧することが復興だったのだけど
今はまず、インフラ、南阿蘇大橋を元に戻すことが先だと思う。次に阿蘇神社等の寺社仏閣の文化財。

そのあと余力で熊本城。
熊本城の元の姿ってのは実際のところ被災前の状態ってわけでもない
本当の熊本城は今以上に櫓があったし其処を目指していた。
「3歩進んで2歩下がる」を地で言っている気がする。


完全に元に戻るというのは一体どれぐらいの年月がかかるんだろうか・・・






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近の塾ってこんなんなん?

※信ぴょう性がイマイチ分からないのでネタ的な意味ぐらいで見るべきでしょうねえ


本気で駿台やばいわ 日本国憲法第9条叫んでる


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




今更ですが

あけましておめでとうございます

去年はというと、3日程度でしたが2年ぶりに入院してましたw
今年は入院が無いようにしたいですね

あとは修羅場をいかに作らずスケジュール通りに仕事をするか
これに尽きます。


自宅に積んでるゲームと書籍もすべてコンプしたいところです。
そう考えると時間を有効に利用する必要がありますね


懸案としては、Ingressもやってるんで
外出が多くなるため、その時間の有効活用が難しいってことですね。

それでは今年も宜しくお願いいたします♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ガルパン劇場版見てきましたー
入院していたので封切り日は無理でしたが
退院してその足で行ってきましたw
今日行ったので2回ですね。
明日から仕事だから今週はもう無理。

んで、感想ですが
「本当に良くできていた。」の一言

劇場版化されるとよくある定番の回想シーンは、
冒頭の「別枠」で3分程度でまとめて上映。
これは結構新鮮。

「本編で使いまわしのフィルムはしない」って無い方向性がよくわかります
ここら辺は製作者側の強い意志を感じますね

「回想フィルムで誤魔化さないぜ!!」ってね

本編は多く語りませんが
本当に良くできている(2度目w)

「いやいやねーよ」から
「それチートだろ」などなど

なにより爆破関係は「劇場版だから」でしょうねw
好き放題です


戦闘シーンは2度みても全部がわからないぐらい
描写が細かく、しかも早い
さらに言えば操縦目線は酔う・目を回す
TV版でもそうですが
カメラワークが秀逸で見てて殆ど飽きない(個人差はありますよw)

見てない人は一度は見てください
それでは皆さん映画館へ進軍を開始してください


さて、青い円盤はいつごろ予約できるんだろうか・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国会の質疑の中で、

行き過ぎた自由によって、不当に貶める云々に関して

ロゥリィが答える

//--------------------------------
一方を抑圧し廃絶しようとするなら、どこで線を引くかが必ず問題になる。
今日、中間で線を引いたつもりでも、一方が廃絶された明日には
その線の位置が端っこになる

そして、また
中間に線を引きたくなる。

やがて人の魂を抑圧する考え方に行き着くことになる。
いきすぎた清潔主義、健康主義は必ず極端化して、害悪に転じる
//--------------------------------

これは小説の方の内容だけど、
TVでやって欲しかった国会でのやりとりだった

流石にTVではハードルが高かったのだろうか?

たしかに、
1/4助けられなかったことを注視し、
3/4助けたことに
なぜ目を向けないのか?という所のほうがストーリーに沿ってる
そして、自分の希望の部分はストーリとは余り関係がない

でも、それでもである

これは、さり気無く警鐘を鳴らしているフレーズだと感じる
こんなに腑に落ちる言葉はそうそうお目に掛からないない。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




SAOにイヨイヨ以って
アウラが・・・って雰囲気ですが

そう考えると、ユイは別の流れからアリスと同位に至った感がある。
それって、ユイのほうが凄くね?

アリスとユイが同位であるなら

ユイもアリスに足りうるわけだけど、

ユイとアリスが同化するもしくは、
ユイにアリスを降ろす事って
可能性はあるんだろうか~?

などと、適当に読んでた私は思うのですよ・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そのうちアップデートするためのメモ

Windows 10 のダウンロード場所
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

①ブート起動の場合、プロダクトキーが必要

②プロダクトキー入力が面倒な場合は、一度OSを起動してセットアップから起動する

③クリーンインストールしたほうが快適って話もある。

④32bit/64bitの違いに注意

⑤アプリの対応を注意⇒少なくともセキュリティ系は確認する

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ