goo

sakamoto mimei

べーべちゃん

ご無沙汰してマジすみません!!
子供生んでました!!






嘘です(笑)

お友達のピアニストのひろえちゃんがママになったのです。そんで、お歌のレッスンのときに、まだ二ヶ月なのに、ぼうやをつれてきてくれたのでした。

「かわいいーーーーーーー!!」
私がぼうやを見るなり興奮してしまったのはとうぜん

「名前はーーー??}
「宗一郎」
「かわいいーーー!!宗ちゃんですか、そうでちゅかー。未明ちゃんですよー」
なんて赤ちゃん言葉でお話できるようになったのも年の功。

昔はわたし、赤ちゃんみたりミルクの匂いを嗅ぐだけで吐いてましたからね。
子供欲しいっていわれて、「無理ー」
と、離婚してきてしまった人だし。

その後再婚の話が何度出ても「子供駄目ー」
と、二の足踏んで。

それがこんなに子供好きになれたのって、なんだろう、自分は確実にもう子供を産めない体質ってわかっちゃったから楽になれたのかな。あるいは、両親に抱いていた色んなこだわりから自由になれたから??

わからないけど私は宗ちゃんを抱っこしていて本当にしあわせで。そのことが本当に嬉しかったのでした。なんか、子供を好きになれるかどうかって、自分の人生を受け入れられることと、密接にかかわっている気がします。




「キスしていい?」
「駄目」
「悶々として触っていい??」
「もっと駄目!!}
何も知らない宗ちゃんのわきで、わたしたち、というか私はしょーもない発言ばかり。でもそんな言葉が飛び出してしまうほど、とっても幸せ。

ひざに抱いておなかでなでしていたら、宗ちゃんてばおならをぷっぷする。それをみてひろえが、
「一日中おならとかげっぷするんだよね」と
「でもそこがかわいいよ!!赤ちゃんなら皆いいにおい!!」
本当に抱いているだけで幸せになれる。こんな幸せまわりに与えてること、本人はわかってないのが惜しいところ。

まあ、そこがまた無心だからかわいいんだろうなあ。
私とひろえは、宗ちゃんをソファに寝かせてお歌のレッスン。その合間に常に宗ちゃんから目を離さないひろえ。ママになつたんだなあ。そりゃもちろん、宝物だよね。






私はミルクを飲ませるお手伝いさせてもらって。途中ちょっと宗ちゃんぐずったので。
「泣くんじゃねえよ、甘えてもだめだから」と、ぼそり呟いたら、宗ちゃんはいきなりぴたり泣き止んだ。子供ってさ。わかっていると思うんだよね。こいつに甘えても駄目だとわかると、無駄にぐずったりしないからふしぎです。わたしねそういう意味では昔からぐずっているお子様黙らすの得意で(笑)。
でもこれで結構子供にもてるのですよ。多分大人になってなくて、中身が子供なのが瞬時にばれるんだと思う。ダンカンさんの子供の虎太郎君もすごく仲良くしてくれて、嬉しい、あ、これは夏にダンカンさんのお芝居見に行った時のカット。あまりに忙しくて、「マンガかいてていいですか?」と開演待つ間受付の後ろに机を作ってもらってかいていたらね虎と虎の友達が「すげー、マンガかいてる」ってみにきてくれて。
うれしかつたなああ、漫画家やってきてよかったっていうか。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/37/85/9e15017c869f57ebe47a33479043fd43.jpg>





弘恵の話にもどるとね。宗ちゃんを生んでくれてよかったなあって。

ピアノを弾きながら、子供育てるのって大変だと思うんだよね。生活もね体力も、相当大変だろうと思う。「今でいいのかな」って考えた部分は想像だけどあるんじゃないだろうか。でも私は質問されないうちから言った。
「いつか生む気があるんなら、絶対大変でも授かった時に生んでうんで」

生活が楽で万全の時なんて、絶対こないと思うの。
私も、親に対して色々うらみとかさ、もっとかわいがられたかったとか、絵や音楽勉強させてもらいたかったとか、お酒のんだり暴れたりする親のとこには生まれてきたくなかったとかいろいろあったけどさ。でもやっぱり私の親はあの人たちしかなかったと、やっと思うんだよね。

私と弘恵の共通の師匠の光井先生も、ギターで子供育ててきて、途中大変なことも沢山あったつていうけど、「でも、子供は一番の宝だった」っていつもいう。子供育てて本当によかったってる苦労なんて何でもないって。みんなね自分の夢はあってもねそれよりも愛や家族大切にしている。そういうの本当にすてきだなって、私もやっと思えるようになった。前は、自分の家族がすごく嫌いで。それから遠ざかりたくて仕事していたから。だから多分人を愛したり子供うんだりできなくてーーー。いつも仕事選んできたけど、そんなやつだったからいい作品かけなかったんでないのって最近思うようになった。人切り捨ててがりがりやったってだめなんだよ。それよりも人と共に、愛の力で仕事していくんでなきゃさ。

いくら家族憎んで逃げようとしても、逃げ切れないなって、逃げても結局置いてきて見ない様にしていた家族や愛の問題に躓くしかなくて。ああ、これはもう受け入れなくちゃだめだ。親だって一生懸命だったはずだ。私は今、例えば子供を産んで、自分の親が私たち姉弟にしてくれただけのことを子供にできるかって言ったら、できないと思うんだよね。だから、もう恨むのはやめようって。そう思えたのが二年前。だから弘恵に迷わず楽しく生んでねつて、おめでとうって、心からお祝いできた。私も弘恵や先生にあえてしあわせだから、弘恵や先生を作ってくれたそのお父さんやお母さんにも感謝した。

これから子供持つ人も沢山居ると思う。そして皆余裕なんてないとおもう、子供にあんまりしてやれないんじゃないかとか、収入や教育面での不安ならそりやみんなあるかも知れないけど、いまさら私がこんなこというと、偽善ぽいかもしれないけれど、お金より大切なことって絶対あるんだよね。お金はなんとかなるけど、愛とか、子供を待ち望む気持ち、伝えておきたい自分の真剣さとか、そういうものの方がずっと大切で。
「生まれてきて良かったんだよ」って子供に確信持っていえる。「あんたに会いたかったんだ」そんな気持ちになれたなら、皆、迷わずパパママになってくれたらいいなって、本当思います。一生懸命、命がけで愛せたらそれでいいんだよ。真剣にかかわればねそれは絶対に伝わる。わたしだつて、いざという時犯罪に走らなくてすんだのは、やっぱりちゃんと愛された部分はあってのことだなあって思うもん。そしてそうなっていくためには、パパママが皆自分の夢なり人生なり親なり友達なりをねやっぱ愛せないとだめだよね。

でも、私はずっと愛せないまま終わると思ってたからさ。そんな私でも人生愛せたよ。だから、いますごく暗黒の中であがいている人も居るとおもうけど、必ず明るい所にいけるから、あきらめないでねつて。私なんて40年かけてやっとだけどさ。そのお陰で弘恵や宗ちゃんに会えたからいいの。

皆も大切なひといる?まわりのことも、自分自身も大切に、しあわせにね。
未明はみんなの幸せ願ってまする。先ずは宗ちゃん大きくなあーれ。元気な、日本を背負う男になーれ!!
宗ちゃんの幸せを心からねがうのでした。きみに幸あれ。
ブログ、あんまりサボらず未明もがんばりますー





goo | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

遅れてごめんなさい!!

あついですね!!皆さんお元気ですか??お盆進行で日程がめためたです。週の中ごろには更新できるようがんばつていますので。また懲りずに遊びにきてくださいね。この前いろいろ皆さんの投稿読ませていただいて、今、私の若かった時みたいに皆悩んでいるのかなとふと思い。ちょっとだけデビュー前の孤独だったときの話とか書いちゃおうかなとかおもっています。
前正論で公開したことあるんだけど、小さい頃の写真です、こんなでした。



まだこの頃は全然孤独じゃなかったです。勿論のこと。まだ何にもわかんないころ。パパとママも優しかった。だから幸せそうだよね。



真ん中の赤い服が私。隣は妹。この頃からいじめられつこに。お絵かきは既にすきでした。このあといろいろあったけどがんばって漫画家になつたのさ。
なんか、長いようで短い道のり。あつというまだつたけど、目的もてるまでは地獄みたいな長い孤独のトンネルで、このあとはいつもあえいでいたような。

デモ人生絶対悪いことばかりじゃない。幸せって絶対引き寄せられるよ!!

デモ悲しいことももちろんあつて、デモそれは大切なことなのさ。
私の好きな竹久夢路の言葉

楽しいときは、よろこぶがよけれ、
かなしいときは、悲しむがよけれ
若き日のために、

だったかな?

みなさんに素敵な夏のおもいでできますように!!また近くお目にかかりましょうね
goo | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メッセージです。and駒!!



みなさんへ。

 コメントができなくなりました。今までコメント本当にありがたかつたし、私自身どれだけ勇気づけられたかわかりません、反対意見ふくめ、意見交換の場はつくりたかったし、すべて自分の目で見て自分の手でお返事してきました。それはミクシーもぜんぶそうです。最近急激ににアクセスがふえてしまい。お返事がおいつかなくなつたこと、実は事務所もいままて゜お世話になったサニーサイドアップにプラスしてもう一箇所お世話になることになつて、これから媒体に出る機会がますますふえそうなのです。原稿もたまってしまっています。そして、スタッフの皆が、これからもつと広い世界を見ることになるので、危機管理も含めて、個別のお返事は当面停止しようと、心配も含めて提案してくれました。
最近沢山の方が私を助けてくださるようになりました。ここにいらしてくださる皆さんも含め、そんなかたがたの応援で私は活動できています。みんなの意見を尊重し、コメント停止の方向に私も納得いたしました。直接のやり取りができないのは寂しいし辛いけど、これから改造もお願いして、メッセージくださルかたがいたら、私は目を通せるシステムにできないかいろいろ工事をお願いしてみるつもりです。
 ただ、原稿や媒体での表現のクオリティを高め、責任をもって仕事をしていくことを最優先にしようとおもいます。一人ひとりの方に本当なら届けたいメッセージ、できるならあって背中を叩いて差し上げたい思い、それを原稿に込めていくことが今の私の一番の誠意だと思いました。

皆への思いは、更にこのブログも含め、これを伝えないと死ねないよ!!というものを真剣につづっていくつもりです。テレビではこれから、もつと生の未明を知ってもらえる番組を考えていただいているみたいです。それで、もつと皆に近づけたらいいのですが。これからますます真剣に、皆に届くように表現していきたくおもつています。どうぞゴ理解のうえ、これからも未明を応援してやってください!!マンガのことや小さい頃のこともこれから書いていくのでよんでくださいね。頭のカラーイラストはのんのんのんちゃんですmichao!!もみてね。


さて!!
将棋道場居酒屋(なんていっていいのかな??)駒にいってきました!!少しまえだけど、あんまり面白かったのでレポートします。



 駒には新潮社と講談社の将棋好きの人たちが集まるということで誘われていったのですよ。時間より早くついてしまったわたしは、駒という名前だけをたよりに104に電話してお店の電話をゲット。電話して「新潮社の人いますー??」ときいたら「きてます。でもいま対局中で」という返事が!!
うーん、いかにもそれっぽい。わたしは、対局を邪魔したらだめだと、超方向音痴なのにがんばって自力で駒にむかったのでした。したら以外と簡単!!
そこはさる雑居ビルの二階にあって、どうやらお好み焼きやさんらしい。狭い階段を上って扉をあけるとーーーーー、

スタン!!タン!タン、パチリ!!

と、駒をさす音、おくを見ればなんと!!何面もの将棋盤が広がって、まー、男たちが対局中じやあございませんか!!

「素敵ーーー!!」
いきなり熱くなるわたくし。奥から新潮社の方が私に気づいてくれ、講談社の方が駆け寄ってくださつて、私はまたたくにその場になじんでしまいます。

「未明ちゃんまつててねー。対局終わったらかまうからー」
「平気ー」
「そこの盤あいてるから、森さんに見てもらいなよー。その後でプロの先生の順番回してあげる」

新潮社役員の朝信さんが声かけてくださいます。でも朝信さん熱烈対局中。
「あ。それいいね。あ、先ず会費ね」
今度は講談社の方が行ってくださいます。
その日の会の会費は三千円。それをはらうと、お好み焼きとかいただきながら、皆さんと将棋゛かさせるんです。しかもプロの先生の指導つき!!なんかすごくない??


私は勧められるまに、森さんという連盟の事務方だというお兄さんにお相手していただくことになります。
「将棋初めてどのくらい?」
「五ヶ月くらいです」
「じゃあ六枚落ちしましょう」
うしろから森さんに六枚落ちでかったら六級だよ、と声。わたしはがんばりまーす。と。お相手おねがいすることに。うーん皆親切にしてくれてすごく楽しい!!ちっとも怖くないと私はわくわくで森さんと対局!!

森さんしばらく余裕だつたけど、五手くらいさしたら
「うわ!!プロみたいな指してだね」
といってくれた!!やたっ!!ちゃんと習った甲斐あり??

「でも私序盤だけですから、それも矢倉オンリーですから。中盤だめなんで」
「えー、でもちゃんとできてるよー」
森さんは立ててくださり、そんでわざとかな??未明にかたせてくれたよ!!
「うわー!!やつたー!!}
うまれて初めての勝利に歓喜するわたくし。まあ六枚落ちですけど、でも勝たせてもらった!!いや、二回くらいサービスで差し戻ししてもらつたけど。



「嬉しいですー。今まで一度も勝てなかったんで」
「勝ち体験大切だよねー。続けるとよくなりますよ」
あはは、やっぱしわざと負けてくれた。でも、嬉しい!!初めて遊びにいつたのに、こんなに皆仲良くしてくれて、道場居酒屋、すごく面白い。

森さんはそのあと、プロの先生の指導が回ってくるまでのあいだ、ちっとも嫌がらずに何回かさしてくれて、私の苦手に四間飛車対策環色々おしえてくれたのでした。フナがこいとか、教えてもらつたー

本当に将棋たのしいです。やってる人の性格が皆最高。すごく親切に初心者におしえてくれる。なんて楽しい世界なんだろう。でも皆強いとおもつたら、道理でやっぱりこんな所で腕を磨いていたのですね。でも、男の人の遊び方として、すごくいいと思う。浮気なんかしないで将棋、いいじゃないですか。女の子もここに来るとモテモテですよ!!イヤー、男女共にやるべきですよ、すごく世界ひろがるし、楽しくコミュニケーションできる
!!

゜たのしー」

ともりあがつていたらついにきましたよ!!




「未明ちゃん。先生の番があいたよー」
見ればまだお若い先生が四面ざしで指導中、わたしはそのうちのひとつに案内してもらいました。
「こちらはね。佐藤天彦先生、すごく強い先生なんだよ!!」
嬉しい!!
確かに切れるようなオーラを発しておいでです。むーん、やっぱりちがいますね。プロの先生は。いかにも頭よさそうなオーラを浴びながら私もいざ"!
{「おねがいします」



デモね、私まだこのときまで、「六枚も抜いたら、まけないんじやないの?」とか思って居たのね。森さんにも甘やかしてもらつたし。でも、違うんですみなさん!!
「あれ??なんで三段目入れないんだ?? 」
佐藤さん相手だと、何時までも二筋が突破できません。飛車も角もきいてるはずなのに、ちゃんと歩もたらしてるのに、入ろうとすると歩をたらされたりとかいろいろされて、何時までもと金ができなくて。
「むむ、じゃあ端から攻める??」と飛車をまわしたり変なことしてたらあっという間に、「きゃーーーーー!!」
香車とられ、飛車とられ、どんどん駒を取られていくわたし、そしてとられた飛車が自分の陣地に入り込んで
「やめてーー!!龍なんて作られたら勝てないーーー!!」
そうか。こうやつて私の駒とっちゃって、せめてくるわけね。そうか、そしたら六枚おちでも勝てるわけだわさ。
「すーーー、すごいんですけど」
私が無い頭絞って駒進めても、すぐその先を防がれとられ、攻め込まれ。
「佐藤先生の脳みそがすごく性能よく活発に代謝しておいでなのをナマで感じますーーー」
いやー、こういうのナマで感じられるのってしあわせ。でももう数手でつまされる!!
「あのー、先生駒いっぱいもつてるし、詰みますよねこれ。その角うったらすぐに」
「はい、そろそろ角うとうと思ってました」
なんていっちゃって先生、とっくにつませるの分かってたはずなのに、私の勉強のために持ち駒使わないでくれたのも明白。、
「プロってすごいー」
つまされるのわかってて逃げまくるのも辛いもんですが、ここは半沢さんにも「最後まで諦めずに戦うこと!!どう負けるかも大切、と教わっていたのでがんばることに。
完全なつみまで4手くらいはさして身動きできないとこまでお相手いただきましたよ!!
「負けましたーーー!!でもありがとうございましたーー!!」
本当に面白かったのです。その後週刊将棋出何度もおみかけして、今本当に気鋭の先生だとわかりました。そんな先生にあえて幸せー。

更にまた二週間後くらいに島先生にもレッスンしていただいて、あんなだったこんなだったと騒いだら、ふむふむといつて、歩のぶつかり合いの時にこうしたらいいとか、棒銀のおさらいとか左美濃とかも教えてもらって。
「でも先生、先生に教えてもらっている時はなるほどど思うし、できるように夏滝がするし、三段目でなれる気がすごくするんですけど、実際に一人でさすと、銀が上がろうとしても歩が足りなかったり、あれ、人ます違うぞ見たいなそんな感じでなれないんですう」
将棋の奥深さに気が遠くなるわたし、
「こんな年で初めて、少しは強くなれるもんなんでしょうか」
肩を落とすわたくし。でも島先生は
「大丈夫なんです、勉強すれば強くなるんです」
といってくださりーーーー。
「本当?」
「本当です!!」
その後無理やり六枚落ちもしてもらったんですけど、先生両目つぶってても勝てるぜみたいな感じでほんとにひたすらすごいっていうか、幼稚園児がポルシェにのせてもらつてるみたいな状態なんだろうなあこれ。でも、だから続けないと持つ対ないよね!!

「頑張るーーーー!!」
又もやる気になるわたし。実はみなさん!!島先生との対局指導が雑誌にのることになりそうなのですよ!!独り占めじゃああまりにもつたいないとおもつていたら、編集さんもそう思ってくれたみたいで今企画中です。詳しく決まったらまた告知しますね。将棋はますますつづくのですー。
あと、将棋世界に羽生先生へのお祝いコメント乗せていただいたのでみてね。でもーーー。巻頭のカラーページの、しかもそうそうたるかたがたがいるのに、私のすごい間抜けなコメント最初に載せてもらつちゃいましてーーー。何か変、どうしよう。一人で品格落としてるみたいなーーーー。送本されてきたのアシスタントと見て、「島先生には黙っておこうねぇ。何か違うよね、わたし、ノリが」と、呟くわたくし。羽生先生に紹介してもらうのは、100マイルくらいかなただわと、なんだか空のかなたに視線泳がせてしまいます。
「あ、一番星みいつけた、なんちてー」
将棋のみちは、かなり厳しく遠い道のりなのでありまするー。
goo | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

代理記事です

代理投稿で失礼いたします。
さかもと未明のブログの管理をお手伝いさせていただいております。"お手伝い"ですm(_ _)m

この度、再開時期未定でコメントの機能を停止させていただきました。
理由などは後日さかもと本人からの記事公開があるものと思いますので、そちらをご参照ください。
(私は細かい理由を存じませんので…m(_ _)m)
皆様のご意見をいただけなくなるのは残念ですが、ご了承ください。

※すでにコメント停止設定にしてしまっているのと、皆様にご通知するため、記事として投稿させていただきました。
コメントは投稿できなくなりましたが、これからもさかもと未明の和みカフェ?にアクセス頂ければ幸いです。
goo | コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  



Vol1. Portrait by BENJAMIN LEE

Vol.2 REBIRTH IN FASHION 〜新刊「35歳からのモテる♂への変身術」誕生秘話

Vol.1 YASUKUNI BRIDES 〜友と共に花嫁になりたくて

Blog Archive

2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月