おやじスキーの徒然日記

おやじスキーヤーの独り言です。 いつも一人でのスキーですが、デジカメを買ったので日記替りに作ってみました。

2017/07/16 やっと行けたよ。乗鞍スキー。

2017-07-17 20:52:53 | スキー

2017/07/16 曇り 乗鞍は午後濃霧一時雨

海の日の連休は、地元の天気は雨予報。乗鞍は16日の午前中は持ちそうなので、チャリダーから久しぶりにスキーヤーに変身。今年は5月も、6月も行かなかった。 これも、悪い遊び(自転車)を覚えたためです。この遊びにはまって、首も脚も回らない状態です。17日は天気崩れる予報なので、泊りは諦め、一日のみとしました。

夜中一時頃に家を出て、ほうのきに4時前頃着。結構寒いです。車で仮眠し。ご来光バスも結構一杯した。6時55分バスで畳平へ。プチ登山気分で肩の小屋回りで大雪渓へ。

肩の小屋下からドロップ。スプーンカットがきつく、あまり気持ち良くありませんが、足慣らし。大雪渓下部のいつものコブに到着。ピッチ短めと長めの2本ありました。コブ管理人さんに感謝。短めの方は最初は良かったのですが、数本滑走後、岐阜のモーグルチームが来られて、ゲレンデスキーヤーレベルには無理な状態になってきて、広めのコブに移動。ピッチ短めの方の映像も、おっかねーとチェック入れながらの滑りです。それもそのはず、あの世界選手権シングル、デュアルモーグル優勝の堀島選手や、WC選手の四方選手らが来ておりました。凄い滑りを身近で見れて超ラッキーですが、固い乗鞍の雪も世界レベルの滑りで、どんどん縦気味に、こりゃ無理。滑りも速いですが、登りもかなり速いです。これにもびっくりです。

広めのコブに移動し撮影、5月の連休の白馬と同じく左外側ターン時に体が倒れてます。修正できませんでした。この映像と感覚を忘れないように。倒れてる時はお尻が動く感じです。腰と肩をしっかり動かして外傾をしっかり作ることで修正できるはず。陸トレのイメージアップを。

1時頃に撤収し、帰りは、大雪渓から車道で畳平まで登り返し。自転車感覚で一定ペースで止まらず。登り切りました。帰りの畳平付近は濃霧視界数メートルの強風。体が風に持って行かれそうなくらいでした。

17日は予報が外れて日中は晴れましたが、昨日のハイク除けば、2時間も歩いてないプチ山歩きでしたが、板と靴を担いでいたためか、脚筋肉痛です。自転車の時や、スキーの時と違う場所です。足の外側が張っております。外側広筋の起始部あたりか?少し膝も痛みます。 重さと風に対抗して踏ん張っていたためかな。自転車に乗るのは悩んだ末、諦め。トレックのモレマのステージ優勝を記念に(こじつけです)、夏のセールの割引券を使ってボントレガーのジャージを注文。サイズ合うかチョイ心配。

『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/07/12 いつものコース | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。