坂井えつ子の市議会ホーコク

2015年12月小金井市議補欠選挙で7684票いただき初当選しました。
日々の活動や議会についてホーコクします。

10月13日

2016-10-13 22:56:22 | 日々のこと

AM 都会へ。

 無実を訴え続けて53年、狭山事件の冤罪被害者、石川一雄さんの高裁前アピールに行ってきました。福岡、愛知…と遠方からも仲間が駆けつけ、総勢で20名近く集まっていたのかな。懐かしい顔にもたくさん会えて嬉しかったな。

 

 

石川さん、目がやさしい。

 

 私がいろいろ書いても薄っぺらくなってしまうので、未見の方はドキュメンタリー映画「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」の予告編(Youtube)をどうぞ

 

午後は小金井に戻って市役所内で仕事。

 

夜は市主催で初!となる「市民と市長の座談会」

 定員50名:先着順とあったので、ギリギリに行って後ろで立ち見でも良いから傍聴させていただこう…、と思っていましたが、杞憂でした。19時少し前に着いた時点で、29番目。最終的な参加者はおそらく42名、うち議員は6人。

(写真はスタート時。遅れてきた方もいたのでこの後、若干席は埋まった)。
 
 立場をわきまえ、会場後方に座り傍聴。市長報告や質疑を聞いていておもわず、独り言をこぼしてしまうこと、しばしば。

===========

進行予定は至ってシンプル。

1 開会
2 市長あいさつ
3 懇談
4 閉会

===========

2の市長あいさつでは、5つの課題をあげていらっしゃいました。

(あまり良い写真じゃないな…すみません)

1)ごみ
2)駅周辺のまちづくり
3)財政再建・行財政改革
4)庁舎
5)子育て環境日本一

 議会での答弁と変わらず。。。でも、議場では発言していたけれど、今日の座談会では聞けなった言葉がふたつあったと思っています。
6施設複合化プロジェクトについて一定の流れは説明しておられたけれど、4施設2機能の先行整備について発言のあった「揺るぎない方針」、そして「ゼロベース」という言葉が聞かれなかったと記憶しています。
 
  

 
===========
 

 3の懇談では、庁舎、子育て環境日本一、障がい者政策、本日の座談会の在り方や周知について質問が出ました。
 
 市民の方からは6施設複合化について「やはり公約撤回だ」「あきれてこの場に参加しようという気にもならない…と話す人もいる」など、当然、厳しい意見もでてくるわけです。

 一方で、「議会を気にすると市長も自分の思いを言えないのではないか」という旨の意見も出てました。
  
 子育て環境日本一といってるのに、今日の座談会には保育もついていない。意見を言える場がないから、ちょっと無理をして小さなお子さんを連れてきたという母親の声、伝わりましたか?
 
 学童委託の話や公立保育園委託についても…庁舎問題についても、目標はわかるんだけど、それを実現するためのスモールステップがわたしには見えにくい。ビジョンが伝わってこないというか、、、。
 
 
 ちなみに、議会では聞けなかった新しい発言。来年の市議選に向け、期日前投票所を「1か所」増やすことを目標に鋭意努力していると。数字がでてきたのはここが初めてだと思います。
 この9月議会の一般質問で、来年市議選に向けた期日前投票所の進捗を問うと「進んでいない」と部局の方は答えていたのに、その後の1カ月ちょっとで頑張って取り組んでくれているんですね。
 公式記録として残すために改めて議場でも聞いていきたいと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月11日 | トップ | 10月14日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL