癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

石田記者の送別会

2017年06月16日 | 大腸癌日記

 北海道新聞函館支社の石田記者(中央)が7/1付けで本社の方へ転勤になるという。自然倶楽部鎌鹿さんの呼びかけで、彼の送別会が本町の「炉ばた 炉辺人(ろへんど)」で開催された。
 参加者は、ほかに道新の中川記者(4月の道新関係者の出版祝賀会にも出席してくれた)と北海道山岳ニュースの吉克さん。

 石田記者とはわずか2年間のお付き合いではあったが、自分も山に登るので、この2年間、こちらが新聞に掲載された記事は、すべて彼の取材だった。一昨年秋の「恵山高原コースの草刈り」の記事、昨年の「車中泊特集」の記事、昨年の「どうなん・とうほく山楽紀行の執筆者紹介」の記事、今年4月の「ほっかいどう山楽紀行出版」の記事など、いずれも大きく写真も掲載された記事ばかりだった。そのほかに、隔週連載の「どうなん・とうほく山楽紀行」の編集・校正も彼の担当だった。過去に、これほどお世話になった記者はいない。


吉克さんの差し入れの「みそぎの舞」とお店から提供された南茅部の紅藻ダルスの佃煮「縄文のり」


会場の炉辺人~道新関係者がよく使う店で、ほかの社員にも挨拶することができた。

 あっと言う間に5時間近くが経過し、帰宅したら23時過ぎだった。

○泥縄練習3日目

新調した練習用シューズ

 2日連続の飲み会なので、その前に走っておこうと思い、新調した練習用シューズの足慣らしも兼ねて、一昨日と同じ函館新道入口までのコース10kmにトライ。

 目標を気持ちよく楽に10km走れるペースでのトライだった。最初から最後までランニングウウォッチを見ることなく走ってみた。
 結果、60分56秒で、平均ラップ6'05分/kmだった。非常につらい思いをして走った一昨日とほとんど同じタイムだった。わずか3日目にして、練習効果が表れているということか?あとは、このペースで距離を延ばしていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2刷発行 | トップ | 大学の同窓会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (ishidastan)
2017-06-17 13:00:37
sakagさん昨日はお世話になりました。
おそらくまた山で会う気がしております。
草刈り機はありますので、整備のときはお声かけ下さい!
ishidastanさんへ (sakag)
2017-06-17 21:31:06
あっと言う間の5時間でしたね。
向こうへ行っても、大いにご活躍ください。
こちらでは、一度も山ではご一緒できませんでしたが、そのうちにどこかでお会いしましょう。

コメントを投稿

大腸癌日記」カテゴリの最新記事