癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

増刷決定!

2017年06月10日 | 日常生活・つぶやき

加藤栄好堂美原店の扱い

 4/20発刊した拙著『ほっかいどう山楽紀行』だが、歩き旅中に出版社からメールが入り、増刷が決定したそうだ。第2版は6/20発刊予定で、発行部数は2000部とのこと。

 初版の2000部は自費出版だったが、増刷は出版社持ちで、こちらには印税も入ってくる。そもそも増刷なんて考えていなかったので、こちらのわがままで定価を安く抑えた。そのお陰で売れ行きは良かったが、増刷の印刷経費の比率が高くなるという迷惑を掛けた。

 初版本の売れ行きだが、札幌を中心に追加注文が相次ぎ、すでに出版社の在庫分はほとんどなくなっているとのこと。自分の手元の在庫も少なくなっているが、直接注文には、いろいろな方法で応じるつもりだ。今回の旅の最中にも、11冊の注文が入り、昨日まで待ってもらっていた。昨日のうちにすべて発送や直接届けに行った。

 
 なお、上掲の加藤栄好堂美原店(渡島支庁舎向かいの大型ショッピングタウン)だが、貴重な地元資本唯一の大型書店である。出版社からのメールによると、著者が地元の人間なので拡販に力を入れたいとのことで、5月末に30冊の追加注文を受けたそうだ。一度に30冊の注文をする書店はないので、出版社も気になっていたらしい。

 そこで、本日、どのような扱いになっているか気になって覗きに行ってみた。店に入って少し中へ入って行くと、正面の「新刊話題書」の表示の棚に4列になって並んでいて驚いた。そこには25冊あって、北海道の本コーナーに1冊並んでいた。店長は遠縁に当たる方なので、初対面ではあったが、ご挨拶とお礼を申し上げてきた。

 ついでに、旅に出る前に覗いた蔦屋書店は7冊から2冊に減っていたし、文教堂昭和タウン店は11冊から7冊に減っていた。そのうちに、ヒマな時にでも、市内の書店を廻って店頭の在庫状況を見て歩こうと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道歩き旅(前半)を振り返る | トップ | 海向山市民登山会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れでした (yama(バタフライ))
2017-06-11 16:04:20
街道歩きの旅、戻られたのですね。お疲れでした。いろいろなものを見たり、いろいろなものを食べながらの旅でしたね。
ポプラ会には戻られると思っていたのですが。今年は13人と少なかったです。Tamu T、弘前のKさんが出席されていました。Tさんは、元気でした。
yamaさんへ (sakag)
2017-06-11 18:08:34
東海道歩き旅、大いに楽しんできました。
ポプラ会、飛行機の予約を入れてしまってから、案内が来ました。
Tamさんが出席されたのですか?何年ぶりだろう・・・お会いしたかった。

コメントを投稿

日常生活・つぶやき」カテゴリの最新記事