癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

大雨の中、男鹿半島まで

2017年07月16日 | 登山・旅行
 3連泊となった酸ヶ湯公共駐車場で朝を迎える。朝方から雨が降り始めたが、6:30頃には一時上がった。山は見えないが、スタートしていく登山者も多い。しかし、また雨が降ってきて、青森県や秋田県に大雨洪水警報が発令されて、どしゃ降りの中の移動となった。

 今回の妻と一緒の観光モードは、男鹿半島がメーンで、今夜の宿も男鹿温泉郷に予約済みである。

〈まずは、田舎館村の田んぼアート〉

 田舎館村は、「田んぼアートの里」として、村づくりを進めているし。毎年、どんどん進化して、見事な作品が出来上がっている。

    

    
 上の2つは、村役場の4階展望台から見下ろす第1会場の作品

       
 第1会場のそばに建つホテルのような立派な村役場。
 4階と天守閣に田んぼアートの展望台が設置されている。入口に券売機があり、エレベーターで上がるようになっている。

    
 道の駅の展望台から見下ろす第2会場の作品

       
   第2会場の展望台から見下ろす、石アート「ダイアナ妃」

       
       同じく「石原裕次郎」

〈道の駅鷹ノ巣の大太鼓の里〉 

    
       世界一の大太鼓ほか

       
       世界の太鼓展示室

〈男鹿半島ドライブ1日目〉

       
       なまはげ館

    

    
    男鹿半島50地区150体のなまはげが陳列されている。それぞれすべてが表情や雰囲気が違う。

    

    
     男鹿真山伝承館でのなまはげ体験。真山のなまはげは真山神社の使いなので、角がないという。

       
       男鹿真山伝承館

       
       八望台から臨む爆裂火口跡の二ノ目潟(マール)と戸賀湾

       
       男鹿半島先端の入道崎の鹿落とし

       
       宿泊した男鹿温泉郷の男鹿ホテル。
 思ったより大きな温泉郷だった。秋田の奥座敷とよばれ、7軒のホテルがあり、すべてが源泉かけ流しである。

    
      腹一杯になった大満足の夕食
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田代平湿原 & 十和田市現代美... | トップ | 男鹿半島巡り & わさお »

コメントを投稿

登山・旅行」カテゴリの最新記事