癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

ほぼ移動日

2017年07月12日 | 登山・旅行
    
〈十二湖の一番人気の青沼。湖畔の木を映しているが、湖底にも倒木が見える〉

 朝の3時頃から雨が降り出したが、7時頃には止んで、その後天候が回復した。明日は白神岳に登れそうなので、盛岡経由でそちらへ移動した。

 八幡平に登ったときに、車の回収のために乗ったバスにトレッキングポールを忘れた。それを受け取りに盛岡までいく必要があった。昨夜も、その途中の道の駅に泊まったのだが、外気温が30℃もあってほとんど眠れなかった。

       
       八郎潟を干拓した大潟村の水田風景

 白神岳登山口のある青森県深浦町まで走ったら、14:30になった。時間があったので、日本キャニオンと十二湖巡りをした。

       
 名前負けしそうな日本キャニオン。アメリカのグランドキャニオンに因んだそうだが、せいぜい津軽キャニオン程度で良かったのでは?

       

       

       
 十二湖は、宝永元年(1704年)の大地震で沢が塞き止められて形成されたと伝えられている。上の大崩から見下ろすと12の湖沼が見えるのが名前の由来だが、実際には33個の湖沼群から成り立っているらしい。全部に名前が付いているのも凄い。意外に観光客が多いことにも驚いた。

    
 深浦側から眺める白神山地。白神岳は中央の山。明日も好天が期待できそう。車中泊場所は、日本海と白神山地が見える「ゆとりの駐車帯」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥海山(2236m) | トップ | 白神岳(1232m) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む