癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

ハマナスin立待岬&緑の島

2017年06月19日 | 花・紅葉だより

立待岬のはまなす公園

 ハマナスは、バラ科の落葉低木で、非常に甘い香りがする。夏の花と秋の赤い実を楽しめる。
 名前の由来は、果実がナシに似た形をしていることから「ハマナシ」という名が付けられ、それが訛ったものらしい。漢字では浜茄子となっているが、茄子が由来ではない。
 海岸の砂地に多く自生しするため、潮風に強く、海岸沿いの公園などでよく見かける。函館市のハマナスの名所と言えば、立待岬と緑の島であろう。特に、緑の島には、赤やピンクのほかにも、白花や八重咲きのものもある。

 この花は、皇室の雅子妃殿下のお印でもあるらしい。また、北海道の花に指定されているし、道内でも市町村の花として指定しているところは、石狩市、紋別市、稚内市、浦幌町、江差町、雄武町、奥尻町、興部町、寿都町、斜里町、標津町、天塩町と12もあり、道外でも東北と北陸を中心に12市町村もある。






緑の島のハマナス






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横津岳トレランもどき+10km走 | トップ | お得感抜群の「グリル塩豚」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なぜ? (田舎おじさん)
2017-06-19 20:11:09
 ハマナスが多くの市町村の花に指定されているというのは何故なんでしょうね? その鮮やかさ? 可憐さ? それとも?

 ところで「緑の島」って気になります。なぜか「夢の島」を連想してしまったのですが…。
田舎おじさんへ (sakag)
2017-06-20 07:24:31
なぜでしょうね?自然に咲く花としては、大きくて華やかな感じがするからでしょうか?割と花期が長く、秋には赤い実が付き、良く目立つからでしょうか?
しかし、北海道の市町村の花のダントツは、37市町村(13市22町2村)のツツジだそうです。

「緑の島」も埋め立ての島ですので、「夢の島」を連想するのは私たちも一緒です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む