癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

函館マラソン泥縄練習開始

2017年06月13日 | ジョギング・ラン・ウオーキング

五稜郭公園の堀に咲き始めたヒツジグサ(スイレン)

 函館マラソン(今年はハーフにエントリー)が、あと20日後に迫った。最後の1週間は、調整程度しか走れないので、勝負は今週と来週のみである。まさに泥縄状態。

 歩き旅と一昨日の海向山の疲れも抜けただろうと、身体の様子見目的で、五稜郭公園の堀周りをわずか6Kmだけ走ってみた。

 1kmごとのペースは下記の通りだった。
 ①6'37 ②6'23 ③6'14 ④6'10 ⑤5'30 ⑥6'21 平均6'21/km
 4kmまでは、無意識のうちにビルドアップ走になっていた。そこで、5km目では意識的にペースアップして走ってみたら、5'30だった。最後の1kmは流して終わった。

 毎日30km前後も歩いた足は、ハーフを走り切る脚力になるようだ。しかし、課題が見つかった。それは、心肺機能である。毎日30km前後を歩く時のスピードは11~12分/kmだった。しかし、自分がハーフで目標にしている6分/kmは2倍のスピードである。当然歩き旅の心拍数はぐんと少ない。これが、歩き旅でなく山旅だったら、この心肺機能も鍛えられているのだが・・・。

 これからの課題は、6分/kmイーブンを切って21km走るだけの心肺機能にアップさせることだ。6分/kmイーブンで走り、距離を延ばしていけばよいのだが、意識的なインターバル走や坂道走などのほかに、家での階段を使った昇降運動やスクワットなども効果的なようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの焼肉 | トップ | 無理やりの10km走 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む