癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

角館のしだれ桜&大曲春花火

2017年04月25日 | 登山・旅行

 昨年来の念願だった新幹線利用の1泊2日の東北の花見旅に出た。
 1日目のメーンは、角館の武家屋敷しだれ桜と桧木内川さくら並木、そして、大曲の春花火。秋田に泊まり、2日目は秋田から弘前まで「リゾートしらかみ」に乗り、弘前の花見。その後、新幹線での往復は高いので、青森からは青函フェリーで戻る予定。


 今日は、まず、新幹線はやぶさ10号で盛岡へ。自分たちの車両には、新函館北斗駅からは、わずか8名のガラガラ状態。青森で20名ほどが乗り込んできた。八戸で7割以上の席が埋まった。約2時間で盛岡到着。


 盛岡で、角館までの新幹線「こまち」への乗り換え時間を利用して「石割桜」へ。


 秋田新幹線「こまち」へ乗り換えて、角館へ。

 11:20頃に角館到着。武家屋敷に向かう途中で、昼食に入ったが、混んでいて、食べ終わるまで1時間も掛かった。

自分が頼んだ稲庭うどん

妻が頼んだ御狩場まんま(鶏肉を味噌とネギで焼いてとろろを掛けた丼)



武家屋敷通りのしだれ桜並木


桧木内川堤防の桜並木


ババヘラアイス


角館名物 なると餅(前)とえびす餅(後)

🙆大曲の春花火

 夕方の普通列車で大曲へ。駅前で夕食を食べて、花火会場へ。この花火大会春の章は、今日が初日で、メーンは29日のようだ。それでも、19:00から45分間で7000発上がる。

ポスター

まずは、大曲駅前の割烹で夕食の腹ごしらえ。


夕食のきりたんぽ定食

同じく比内地鶏親子丼





これまで見た函館の花火と違って、広大な河川敷を舞台に、幅のあるスケールの大きな打ち上げが多く、音楽と一緒の演出が見事で、芸術的な的な感じがした。

 終了後、秋田行きの列車に乗るために、二人で走った。何とか間に合って、予約してあった秋田のビジネスホテルにチェックイン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「磯谷道」ご案内 | トップ | リゾート列車しらかみ&弘前の桜 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね (Moです)
2017-04-26 09:09:49
こんにちは
函館だと新幹線の恩恵を十分うけられていいですね
本州がすごく近くなりましたね
Moさんへ (saka)
2017-04-26 09:22:32
東北は近くなりましたが、特に函館・青森間は、新幹線しかないので高くなり、急がない人は、安いフェリーの利用が増えたようです。
私たちも帰りは、フェリーです。

コメントを投稿

登山・旅行」カテゴリの最新記事