癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

第2刷発行

2017年06月16日 | 日常生活・つぶやき

増刷になった第2刷本の奥付

 出版社から、増刷になった第2刷の見本本が2冊届いた。早速奥付を見たら、「2017年6月20日 第2刷発行」と書き加えられていた。考えてもいなかったことなので、うれしい限りだ。
 
 出版社の方でも第1刷本の在庫がなくなり、書店からの追加注文には、今後はこの第2刷本で応じるとのこと。

 なお、この機会に加除修正した部分は、下記の通りである。いずれも、登別市在住の『北海道の山辞典 カムイミンタラの山々』の著者である寺口一孝さんからのご助言とご指摘である。


p52~第1刷本は「アイヌ語のメクンナイの語源についてははっきりした説はない」となっている。


p53~ここは、ルビが「いちくんない~ななくんない」と間違っていたので訂正。


p152~ここのルビの間違いは、明らかな校正漏れで、「かみいぬぷり」になっていた。
 
 このほかに、つい最近気付いたので、訂正に間に合わなかったのが、大千軒岳のp23の「この山に初めて登ったのは、81年の夏だった。」の部分は、「71年の夏」の間違いだった。
 その後ろの「再訪は、それから23年後だった。」の部分の再訪は1994年だったので、計算が合わないことに気付いた次第。


 今夜は、お世話になった北海道新聞函館支社石田記者の送別会の予定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真竹のタケノコが送られてきた | トップ | 石田記者の送別会 »

コメントを投稿

日常生活・つぶやき」カテゴリの最新記事