癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

カバワラ尾根ラッセル山行

2015年12月27日 | 登山・旅行

<辛うじて1ヵ所だけ繋がっていたスノーブリッジを渡って尾根に取り付く>


2日間の物足りない感が残ったGPSトラックログ」


朝、5時過ぎに旭川を出て、白銀荘へ7時過ぎに戻ったら、20名のメンバーはまだ朝食の最中だった。

カバワラ尾根を目指すメンバーと三段山を目指すメンバーに別れて行動。自分は10名で、前十勝に続くカバワラ尾根を目指した。

img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/99/8b07bd22f9e3f1ea3f9421f173bf91d7.jpg" border="0">
昨夜もまた30cmほど降って一気に新雪だけで70cmを超えて、木々も重そう。その間を抜けて進む。


幸い先行者の深いトレースがあって助かった。


カバワラ尾根に取り付く先行者と我々のメンバー


カバワラ尾根の下で先行者に追い付き、感謝して、60cm 以上もの交代ラッセルが続く。

だんだん降雪も風も強くなってくる。最後のところでラッセルをしたので、体がようやく暖かくなって助かった。


カバワラ尾根の上を折り返し地点として、シールを剥がして、下山準備に掛かる。

いざ!と思って一番先に滑り態勢に入ったが、案の定、腿まで埋まってまったく進まない。しかたなく、登りの深いトレースを辿るだけのボブスレーもどきの滑りだけとなってしまった。残念だったが、みんなでワイワイ登り降りするのも楽しいものだ。


重そうな雪をまとったエゾマツを見上げる。


ようやく白銀荘が見えてきて、ゴール。

8:40スタート、10:45カバワラ尾根上折り返し地点、10:55下山開始、11:45ゴール。

午後からは、温泉に入り、今晩も泊まるメンバーの飲みながら、のんびりお喋りに興じる。今夜は、明日が平日なので、泊まりは8名のみ。


大魔人の打った10割蕎麦


夕飯前に、まずは、手打ち蕎麦を食べて日本酒を飲む。自分の大好きな太めで歯応えのある絶品だった。




夕飯は、カレーライス、カルボナーラ、サラダ、ほうれん草のおひたし、ゆで玉子などと豪勢。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼は白銀荘でノンビリ、夜は... | トップ | 無事帰宅 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む