癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

函館ライフスポーツ設立10周年記念祝賀会

2015年04月25日 | 登山・旅行

 スキーを中心としたシニアスポーツクラブ「函館ライフスポーツ」の設立10周年記念祝賀会が開催され、81名の参加者で、大いに盛り上がった。会員の平均年齢は自分と同じ71歳・・・みんな元気だ!


 記念講演は、元全日本デモンストレーター・KEI-SKI事業部ゼネラルマネジャーの我満嘉治氏による
「わくわくスキー上達講座~スキーは年齢に関係なく上達するスポーツ~」
 

畠中会長の挨拶


継続10年会員への記念品を代表で受け取る83歳の笠原さん


我満講師を囲んで


二次会のカラオケに合わせて踊る女性会員

 
全員に贈られた記念Tシャツ(左・表)(右・裏)
このほかに、10年の歩みをまとめたDVDとネームプレート。


継続10年会員への記念品のオーバー^グローブ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下見登山「汐首山」

2015年04月25日 | 登山・旅行

釜谷漁港から望む汐首山(右)


 GPSトラックログ(青線は下り)

 来る5/28に函館ライフスポーツの春の登山会を計画している汐首岬の上の三等三角点名が「汐首山」(290.8m)に下見を兼ねて登ってきた。
 この山は、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の日露戦争で繰り広げられた二〇三高地シーン再現ロケ地で有名になった丘陵地である。

 国道278号線から分岐する車道を500m入ると、NTTの管理道路のゲートがある。そこから距離にして約3kmのほとんど舗装され道路を辿る。道には野生馬の馬糞がたくさん落ちている。

 この岬の突端から津軽海峡を挟んだ下北半島の大間崎までは17Kkmほどしか離れてなく、「北海道~本州最短地点」でもある。天気が良ければ見えるはずの下北半島も大間原発も、今日は霞んでいいて見えなかった。

 9:45スタート、登り45分、下り40分、11:20下山


NTT無線中継所の管理道路のートからスタート


2つ目のカーブを曲がった先の左手のカタクリの斜面


眼下に広がる海岸線と霞んで良く見えない函館山。下の赤い屋根は旧汐首小学校。


頂上の様子。5年前より無線中継施設が2~3軒減っていた。


三等三角点(点名・汐首山)


頂上付近でたむろしている野生馬の群れ


山頂から横津連峰を望む。左眼下の山は釜谷富士。


 登山会のときは、途中の山肌をヤマツツジやタニウツギが彩っているはず・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加