癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

ニセコ紅葉巡り&ワイスホルン登山

2013年10月10日 | 登山・旅行

鏡沼

 「今年は紅葉がきれい」という報告を多く目にする。全道的に快晴予報の中、昨夜遅くまで頑張って今日の分の仕事(内職)を終えた妻と一緒にニセコの紅葉巡り出掛けた。

 まずは、新見温泉への道を進み、紅葉の滝~新見峠~神仙沼~五色温泉~鏡沼~ワイスホルン登山~大湯沼と廻って、昆布川温泉の幽泉閣に入って帰路に就いた。

 奥ニセコ渓谷に懸かる紅葉の滝は、新見温泉から新見峠へ向かって600mほどのところから10分ほどの急な遊歩道を上り下りする。初めて観たが、遊歩道の非常に足場が悪く、妻は途中で引き返して正解だった。

 神仙沼は何度も行っているが、これまでで湖畔の紅葉は一番きれいだったかもしれない。観光コースから外れているので静かな往復4kmほどの鏡沼は昨年も同じ時期に行っているが、今年の方がきれいだった。

 ワイスホルン(1040.5m)は、ずっと以前に閉鎖されたニセコワイススキー場リフト最終地点(920m)までは、硫黄川沿いからの道とリフト沿いの道があるが、頂上までの道はない。したがって、冬には2回登頂しているが、夏は初めてだった。時間も遅くなったことや登山道の状況が判らないので、妻には車で待っていてもらって一人で登った。昨年探訪した旧岩雄登(イワオヌプリ)硫黄鉱山の生活道路だった硫黄川沿いの道からの登山道を登り、リフト沿いの道を下って周回した。

 ワイスホルンの所要時間(ニセコ林道入口ゲート前から)スタート13:25、登り1時間25分、下り50分、ゴール15:45


奥ニセコ渓谷に懸かる「紅葉の滝」


新見峠から下った岩内側へ道路沿いの紅葉


神仙沼


神仙沼湿原の池塘に映る青空とアカエゾマツ


神仙沼湿原の池塘群とチセヌプリ


神仙沼レストハウスで食べた三色だんご


ニセコアンヌプリの西尾根を映す鏡沼


道々58号線から眺めるワイスホルン・・・手前の尾根に登山道がある


旧ニセコワイススキー場最終リフトのテラスの上から羊蹄山とニセコアンヌプリを望む


旧ニセコワイススキー場の北側斜面に広がるタカネナナカマドの紅葉


遊歩道が改修された大湯沼


ワイスホルンの詳しい山行記録は親サイトの下記でどうぞ!
http://sakag.web.fc2.com (アップ完了)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加