『夢の小筥』

再び廻り来る事のない、この刻(いま)を、そっと筥に納めてみました。

たった一輪残った「コスモス」 肌(み)に刺さる様に冷たい風にもめげず…

2016-10-29 15:20:05 | Weblog

                      
                                  2016-10-29-コスモス

   あなた

 たった一輪残った「コスモス」

 肌(み)に刺さる様に冷たい風にもめげず

 未だに咲いています。

 切り花にするのは可哀想!

 そのままにするのも、可哀想…

 どうしようもなく、花畑までいって「ガンバレ!」って~…

 冷たい秋風に身震いしながら…

 役目を終えた花々に「ありがとう…」って。

 

 もうこの時間、陽が翳ってきて…

 寒々として昏く…

 秋の匂いが、いちだんと強く

 淋しさが

 ユラユラ漂って…

 

 『霧たちて雁ぞ鳴くなる片岡の朝(あした)の原は紅葉しぬらむ』 

                                                                 詠み人知らず   

 『神(かみ)な月時雨(しぐれ)もいまだ降らなくにかねてうつろふ神なびの森』       

                                                                            詠み人知らず 

 『ふくからに あきのくさきの しをるれば 

                むべやまかぜを あらしといふらむ』     文屋康秀

 秋の和歌(うた)三首 

 何時の世も秋は冷たく侘しく…変わらないようです。

 

 寒さに負けじと…少し動いて…

 でも、日暮れは淋しい…よ~~

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性懲りもなく、陽の光に誘わ... | トップ | わたしは生きている限り、あ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL