『夢の小筥』

再び廻り来る事のない、この刻(いま)を、そっと筥に納めてみました。

 弱いながら仄々とした陽が柔らかく照らし、風もなく穏やかな秋の日の午後。

2016-10-19 13:18:13 | Weblog

                         
                                       2016-10-17-「秋の庭」

   あなた

 「松」の周りに色々の花々

 「ダルマギク」「ホトトギス」「べに紫檀」等々

 茶色の葉っぱは、もう終わった花

 

 弱いながら仄々とした陽が柔らかく照らし

 風もなく、穏やかな秋の日の午後。

 

 もう、殆ど終わった花畑なのに「見せてほしい」って

 仰るかた

 

 「春になったら、改めて見せて下さい」って

 まるで、宝物にであうような…

 よほど、お花が好きな方

 

 廻りくる季節まで元気で頑張ろうか~~…

 

 あなた

 草毟り

 どうしよう…

 まだまだ、できないし~

 考える事に

 「疲れてしまった」よ… 

 

 わたしの気持ちとは裏腹に

 そとは

 ”あったか~い” 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 背丈の低い草花は役目を終え... | トップ | 空も寒そうに昏い  と、思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL