『夢の小筥』

再び廻り来る事のない、この刻(いま)を、そっと筥に納めてみました。

 冷たさが心の中で…揺蕩うて…

2016-10-15 10:57:27 | Weblog

                           
                                        2016-10-12-「秋の庭」

    あなた

 「ルドベキア」

 いっぱい咲いていましたが、終わりが近づき「居住まい」を直そうとして…

 背筋を伸ばしています。

 花言葉=「あなたを見つめる」

 なが~く咲いて楽しませてくれた花。

 「ありがとう…ね」

 

 久しぶりに、昨夜お月さんを見ました。

 青白く誰をも寄せ付けない

 凛とした耀き

 「ウサギ」だけが見える

 月を愛でる…

 そんな気持ちにはなれなかったけど…

 

 この2・3日自分だけの事では済まされない

 諸々がいっぱい…

 無力の自分が情けなく…

 思わず

 「あなた援けて…」って大声で叫んでいる。

 どんなに援けを求めても

 ただ声が跳ね返って

 侘しさが増すばかり…

 辛いね…

 

 外は陽がさしている

 でも寒い

 何処か心が揺らいで

 冷たさが心の中で

 揺蕩うて…

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭も淋しくなりました。 枯... | トップ |  草花も終わりを告げ… 再び... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL