『夢の小筥』

再び廻り来る事のない、この刻(いま)を、そっと筥に納めてみました。

みんなに、嫌われる「カタバミソウ」 何処までも這って増えていきます。

2016-09-18 10:34:57 | Weblog

                 
                              2016-9-17-「傍食」カタバミソウ

   あなた

 みんなに、嫌われる「カタバミソウ」。

 何処までも這って増えていきます。

 でも、よ~く見て可愛いでしょう…

 花言葉=「ひたむきな愛」「熱き想い」など素敵です。

 が、雑草はやはり「雑草」。

 地面を覆い尽くして大事な花が消えてしまう。

 これが嫌われる所以。

 現在、我が家の花畑は概ねこの状態。

 あなたが見たら、さぞ驚くことでしょう…

 

 ピ~ンと空気が張り詰めた文月の朝。

 花畑の中に立ち、蔓延ってる(はびこう)「カタバミソウ」をみてヤレヤレと、複雑な気持ち。

 蹲む (しゃがむ)屈む、態勢は厳禁。

 横に捻っても駄目。 

 始めは中々出来ず、よく注意されました。

 慣れました。

 辛いです。

 草毟りも出来ない。

 あなた

 負け惜しみなしに「成るが儘、自然の儘」…そうしようと思います。

 すこ~し気が楽。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  あれ程長かった刻(とき)... | トップ | 淋しいのに、お花の綺麗さが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL