あおぞら文化村便り  =フォト俳句 エッセイ 野菜作りと今日の一品 縄文のこと=   

何でもありの文化村から発信します。野菜作りのこと、迷シェフの今日の一品、ネイチャから路地裏まで写真三昧、そしてフォト俳句

No.11 秋田・青森 縄文遺構探訪のはずが?! 

2016-12-20 12:27:34 | 考古学
No.11 秋田・青森 縄文遺構探訪のはずが?! 

あわただしくJAL便の予約をとったのは11月末。マイルの有効期限が一部期限切れになる直前でした。12月13日(火)羽田7:10発、8:20秋田空港、15分後のリムジンバスで秋田駅着9:50。いよいよ2泊3日電車の旅の始まり、奥羽本線~五能線:秋田⇒弘前⇒五所川原⇒深浦⇒能代⇒秋田の巡回。
 
 鷹ノ巣駅下車:最初の訪問地は縄文遺跡のある伊勢堂岱(いせどうたい)資料館
駅からタクシー利用 資料館に行く旅行者には特別割引あり大助かり。この遺跡付近では、今年、熊の出没が大変でストーンサークルのある広場には見学者を入れなかったとのこと。新聞やテレビなどで報道された人を食った熊もこの近く鹿角市。

 昼飯は大館駅で下車し比内鶏御膳。駅前では秋田犬(あきたいぬ)の親子のブロンズ像が出迎えてくれました。
そして1泊目はホテルルートイン弘前。大浴場が気持ちいい、思いっきり脚を伸ばして、そして灯りがつき始めた頃、カメラぶら下げ裏通りの探訪へ。
 “遺跡探訪”の筈がいつの間にか“裏通り探訪”に(いつものパターンですが)
“味よし、盛り付けよし、ボリュームよし、酒もよし、そして値段は格安で”が私の店探しの必須条件。高くてうまいは当たり前、不味けりゃ それは ぼったくりなのです。
居酒屋「なごみ」大当たり! なんと、色紙をみたら“香西かおり”“林家木久扇”などなど、恐れ入りました。

翌早朝、五能線木造(きづくり)駅で下車:亀ヶ岡遺跡があるところで遮光器土偶(重文指定)で有名。
時節柄来館者も居ないので、切符切り兼館長さんとたっぷりお話しすることができました。

能代駅:今夜のホテルもルートイン。周囲にはファミマも何も明かりがない!一軒だけ居酒屋が。ここしかない、他に行きようがないのです。ところが、この店、入ってびっくり、座ってびっくり、ボリューム満点見た目も抜群の舟盛り、白子の天ぷら、はたはたの塩焼き、地酒、そして“びっくりぽんぽんぽん”のお値段(超格安!)おにぎり2ケをつけてなんと2,980円(美酒込みで)、参りました!
こうして二泊三日の小旅行は、中身のいっぱい詰まった思い出に残る旅となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.10 秋野菜の収穫、どっさ... | トップ | No.12 今日の一品「クロムツ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

考古学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。