ボクは雑草です

シフトクリエイティブ社長のブログです。

北朝鮮の脅威(二)

2017-04-22 18:14:09 | 報道/ニュース
北朝鮮問題を協議している国連安保理は再び核開発をやめるように決議しました。これで何回目でしょうか何度決議してもやめませんよ。それもそのはず北朝鮮は核開発をやめると言った瞬間、体制が崩壊するからです。対話では無理と圧力をかけ始めたアメリカ。朝鮮半島に空母などを集め軍事的威圧を始めました。しかしいくら目の前で軍事演習をしても、空母を揃えても北朝鮮はやめませんよ。北朝鮮に先制攻撃をしたら北は降参すると言う専門家もいますが、ここまで来ると簡単ではありません。すでに北の国境近くにロシア軍が集結し始めています。軍事的脅威が増すだけで解決にはなりませんね。
北朝鮮との戦争が起こったら圧倒的な軍事力の差でアメリカが勝つことは誰が考えても分かります。同時にアメリカ軍にもそれなりの犠牲がでることも想像できます。そして韓国はもちろん隣国の日本や中国、ロシアも巻き込まれることになります。そんな状態を誰かおさめられる人はいますか?アメリカの傀儡(かいらい)政権を作って北朝鮮が民主主義などと言って昔の日本のようにアメリカに従う姿は想像できませんね。南と北がひとつになるのが一番いいのですがロシアや中国が介入すればアメリカの思うようにはなりません。アメリカはイラクに介入してグチャグチャにしてしまったトラウマがあります。いつものようにちょっと軍事行動を起こしてさっと引いてしまうでしょう。そのあとはグチャグチャの北朝鮮が残るのです。今より悲惨になりますよ。
将軍様を殺して体制を変える、というアメリカの思惑は的外れですね。将軍様を殺しても北の状態は変わりませんし、中国や韓国や日本に難民が押し寄せて大混乱します。戦争特需で日本が儲かる構図はもうありません、むしろ経済は大幅に落ち込みます。つまり誰もトクをしないのです。
では放っておけばいいかとなりますが、放っておけば核兵器がアメリカに向けられる現実が近くなりました。アメリカにとっては脅威です。経済制裁をしても効きません。抜け道がいくらでもあるからです。160カ国以上が北朝鮮と国交があり東南アジアでは友好国もある北朝鮮です。放っておけばミサイル開発は進みます。
そこで考えました。こういう将軍様にはとことん脅しをかけるしかないのです。過去にも脅しにビビッて核開発をストップするまねをしたことがあります。その時は脅しと金をちらつかせました。脅しと金が効きそうですよ。せっせとやりましょう。
いま世界は保護主義や全体主義が台頭してきました。経済の中心が新興国に移り先進国は失業者が増え不況に苦しんでいます。中東やアフリカの内戦から難民や移民が増え自国を守るというスローガンに誰もが惹かれていきます。しかし保護主義ばかりの国になってしまうと世界の経済は停滞します。自分のまわりしか見えなくなります。
そんなときに北朝鮮をたたいても安心できる状態にはなりません。各国のリーダーが保護主義に走るだけです。戦争後の北朝鮮を設計できるリーダーが現れないと北朝鮮をたたくのはトクではない。自滅を待つのが最良の策ですが、そこまで待てるかが問題ですね。
先日、外国の報道陣を集めて、出来立てのビル群を披露しているニュース映像で将軍様の顔がアップになっていました。車を降りて段上にあがった将軍様は目がおびえていました。将軍様は小心者でした。ジャン

2017/04/22
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の脅威(一) | トップ | 報道の自由度ランキング »