Peace Of Mind  

女性が作るプラモデル!猫、テディベア、ギター、ザ・ナ多シャー・気分・坂庭省悟さん、弾き語り、楽しいブログです!!

かかみがはら航空宇宙博物館 「飛燕」 見学記 3 今日は機体の写真を、ご覧ください(^^)/

2016年12月07日 | おすすめスポット
今日は先日より紹介しております
「かかみがはら航空宇宙博物館」に展示されております「飛燕」の機体写真を
ご覧いただきたいと思います


もうすぐTAMIYAから1/48スケールの三式戦闘機「飛燕」が発売されるのですが、
プラモデルで見た「飛燕」の綺麗な機体が目に残っておりました
今年川崎重工業が創立120周年の記念として「飛燕」を一般公開しているのですが・・・
岐阜県の各務原市の「かかみがはら航空宇宙博物館」で実物が見られると知り
どうしても見たくなり先日の日曜日に出かけた参りました


朝9時から「かかみがはら航空宇宙博物館」収納庫はオープンしているのですが・・・
私たちが到着した10時少し過ぎには大勢のお客さんで賑わっておりました
お客さんの中には「昔飛燕を作っていた」と言う方もいらっしゃるようで
「飛燕」を見ながら感慨にふけっている方も見受けられました

今日はたくさんの写真で「飛燕」の機体を紹介するのですが、
私は名称など詳しくありませんので・・・説明の出来ないところはごめんなさいです







まず上の3枚の写真は、「飛燕」のキャノピーです
塗装されていないのですが、当時の雰囲気が伝わるのではと思います


飛燕に付けられていた、プロペラです
間近で見ると、とても大きなものでした




名前が解らないのですが、このようなものも展示されておりました




同じ写真を2枚並べてみたのですが、
よく見ると矢印のところに「日の丸」の丸が残っていることが見えると思います
貴重な痕跡だと、思いませんか




「飛燕」のタイヤ関係の写真です
着陸の時に使用するタイヤは、思いの外主軸が細いので・・・
よくこれで重い期待を支えられたな~~~なんて不思議に思いました


この写真は、プロペラが付いていた主軸です
綺麗に、ねじが切られているのが見て取れると思います


この三角錐の物体は、プロペラの前のカバーです
女性では抱えるのが大変なくらいの、大きさがありました


この写真が「飛燕」の尾翼です


この写真は飛燕の羽根の部分なのですが、わかりますでしょうか
羽根は本当に大きくて、見ごたえ充分でした


飛燕の大きさをわかっていただきたくて、こんな写真も載せてみました
70年以上前にこんな鉄の塊が空を飛んでいたなんて、
今でも信じられない気分です


この写真は、操縦室の中の機器類です


そしてこれが、操縦室のレプリカです
これは実際に座ってみることが出来るのですが、
「飛燕」のパイロットになった気分を味わえました


最後の写真が、「飛燕」のラジエーターです
思ったよりも大きくなかったのですが、これも貴重なものだと思います

3日間にわたって「飛燕」の貴重な写真を紹介させていただいたのですが、
いかがでしたでしょうか



「飛燕」のこの状態での公開は平成29年の秋頃までですので、
是非興味を持たれた方はお出かけいただけたらと思います


タミヤの「三式戦闘機飛燕」は12月24日ころ発売になります
価格は3000円+税ですが、この作りなら本当にお安いと思います
是非冬休みの楽しみとして、ご検討いただけたらと思います
詳しくは下記の、TAMIYAホームページでご確認くださいね

 タミヤの「飛燕」紹介ページはここから見られます 


明日は「飛燕」を見に出かける途中に立ち寄りました
新東名の「長篠・設楽」パーキングエリアを紹介予定です

こちらも魅力満載ですので、
ご覧いただけたら嬉しいです



 では、これからもよろしくお願いいたします 






『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かかみがはら航空宇宙博物館... | トップ |  長篠設楽原PA(パーキングエ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (湖東のハンス)
2016-12-07 23:02:49
飛燕の外板、凹凸感など 間近で見ると 迫力満点で

もし 売店に飛燕のプラモがあったら 即買いでしょうね。

ワタシが 家族で行ったころは バルサなどの木を使った

輸入物の立体キットがあり 買いましたね。

飛燕 タミヤのHPに見に行きました。笑

たぶん、未完成のソードフィッシュなどと積みプラ満載

目下整理中ですから 見てるだけでしょうか。

絵も また 描き始めていますし、 アラ還世代の

ワタシは 眼もキビシクなってきているので 多少の

絞込みは しなくては というところで。笑

今日は 昨日からの寒さで 首の古傷がでて

仕事中も ビンビンきました。

かおりさんも どうか 養生しながら 音楽や手作りを

楽しんでください。 
「飛燕」 (かおり)
2016-12-08 16:08:01
湖東のハンスさん!コメントありがとうございます(#^^#)実物の「飛燕」ですが、間近で見ることが出来本当に幸せだと思いました。鉄板の溶接の跡や、削られた跡などを見ると、当時の技術の凄さを実感できました。
飛燕のこの状態での公開は来年秋くらいまでですので、機会がありましたら訪れていただけたらと思います。

タミヤのプラモデルですが、今回の「飛燕」本当に素晴らしいと思いました。こちらはタミヤフェアで実物を見ているのですが、戦闘機トラウマの私でさえ、作ってみたい衝動に駆られました。
今年のクリスマス頃発売になると思いますので、お店で中身を見てみてくださいね(^◇^)

ところで今日は私も体調が良くなく、
一日ボーっとして過ごしています。
本当は縫いたいものもあるのですがイマイチ気が乗らず・・・放置状態です。
明日はプールウォーキングの日なので、出かけられるよう体調を戻さなくてはと思います。


ハンスさんも、首が痛いのですね!!
病めるときは、本当に苦しいし、辛いと思います。
是非ご無理だけはなさらないでくださいね。
早くご回復されること、祈っています。

では、これからもよろしくお願いいたします(^^)/
Unknown (寄道)
2016-12-08 18:34:38
今晩は。

飛燕を見に行くためだけに各務原までお出掛けとは、省吾さんほどまででは無いにせよ、
相当な入れ込みようですね。

この記事中の「名前が解らないのですが・・・」の部品は上がラジエターカバーで、胴体下に付けられて
いる、自動車で言うところのラジエターグリルでしょうか。下は排気口で機体前部の左右に
あります。同じく車では後部のマフラーから出ている排気口に当たります。
説明のパネルによると「液冷倒立V型12気筒」とあったので、片側6本ずつ出ています。

自分の記事にも飛燕を少し採り上げています。
http://folkdays.blog.fc2.com/blog-entry-199.html
本記事のスピナーが見つかった時に書いた記事もありました。
http://folkdays.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
因みに上記リンク先のプラモデルのメーカーはオータキです。

やはり本物の迫力は違いますね。貴重な写真を有難うございます。
自分も、実家へ帰った折などに立ち寄ってみたくなりました。
実物は、迫力が違います (かおり)
2016-12-09 21:55:31
寄道さん!コメントありがとうございました(#^^#)今回タミヤから「飛燕」のプラモデルが発売されるのですが、タミヤフェアで完成品のプラモデルを見てしまったらどうしても実物が見たくなってしまい、岐阜県の各務原市まで出かけてしまいました。
私の場合実物が見たいとなると自衛隊の総合火力演習にまで出かけてしまう性格なので・・・
付き合っている主人が一番大変なのだと思います。

省悟さんにはお会いしたくてももうあちらの世界の住人なのでしばらくの間はお会いできないと思うのですが、
私の場合夢の中で追っかけをしているので良いのではと思います。

機体の各部の説明も、ありがとうございました。
私は飛行機は詳しくないので、いろいろ勉強になりました。
「飛燕」は来年の秋くらいまで「かかみがはら航空宇宙博物館」で展示されておりますので、機会がありましたらお出かけいただけたらと思います。

では、「ナターシャーday」でお会いできること楽しみにしております。

これからも、よろしくお願いいたします(#^^#)

コメントを投稿

おすすめスポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL