おやぢの独り言 【帰京しちゃいました編】

ボチボチ頑張るかなぁ~
ブルーのR1200GSに乗る
中年不良サラリーマン

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「N43」のデザインでクリスマス

2011-12-20 11:44:03 | 景色や音楽ノコト



回りくどい事になって、すみません。バージン・ハーレーの「参考URL」にはyahoo!ボックスが張れませんでした。

「yahoo!ボックス」 ← これをクリックで確認を!

画面、ちょっと上側にある【ダウンロード】をクリックしていただきますと「エクセル」のシートが開きます。

まぁ~今週末はクリスマスですから、グロリア・エステファンでも聞きながら見てください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巷で話題(?)の【例のブツ】、お土産に頂きました。

2011-12-13 18:42:30 | 思ったコト


小ばかにしたネーミングで、面白くも無い「大阪的ギャグ」で
失笑と共に全道民を敵に回した「面白い恋人」です(爆)。




個別パッケージ、元祖&本家の「白い恋人」とは全く別物です!



・・・・・・中身もやっちゃってます。風月堂(神戸&上野)の『ゴーフル』そのまんまです。
で、お味は・・・・旨くなく、かと言って不味くなく。
パクリの「ネーミング」のみが「キャッチー」なだけです。残念ですね~これで飛び切り美味しければね~



さらにさらに、事欠いて『これ』を【新発売】だそうです。
「東京カブレ」って・・・・・さぶっ! 北海道の次は東京。更には『夢のねずみの国』も敵に回すつもりでしょうか?

   

あっ!上の画像の【サブレ】は本物のTDLのスーベニール。【カブレ】の画像はありません(笑)。あしからず。


「忘年会」第2弾です。

すすきの「古典家」さん、「とりのツミレ鍋」美味しく頂きました。お誘い頂きありがとうございました。


70年代を代表する「スピナーズ」のソウルナンバー、ツミレ鍋に良く合います。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

師走に突入です(「クリスマスの約束」の事なども)

2011-12-06 16:20:16 | バイクノコト


『まだ、雪は大丈夫でしょ!!』と高を括っていた「11月27日」日曜日の画像であります。
バイクを車庫から出す時も、実はハラハラと小雪が舞っていました。・・・で走り出すのを躊躇した訳ですね。





まぁ~考えていても始まらないので出発する事にしましたが・・・・
トップの画像の通り、場所に寄っては結構な量が降り、路面がビョショビョショ。・・・結果【Uターン】です(爆)



折角、綺麗だったバイクもドロドロですよ。


さてさて、いよいよ12月に突入ですね~。
この時期になると「アメリカン・スタンダード・ナンバー」が無性に聞きたくなります。



トニー・ベネットの「FLY ME TO THE MOON」。いいですね~どことなく懐かしい様な、心が洗われる様ですね~。

おやぢは1961年生まれで、強く【目指せ!憧れのアメリカ文化】の中で育って来た影響でしょう。きっと。
トニー・ベネット、フランク・シナトラ、ちょっと年代は古いですが、ペギー・リー、サラ・ヴォーンもいい。

特にアンディ・ウィリアムスにいたっては、となりの叔父さんの様な思い出を感じます(笑)。
昭和40年前半に、NHKで『アンディー・ウィリアムス・ショー』なる、歌とトークのバラエティ番組の先駆けを
子供ながら、なまら感動して観ていたのを覚えています。

「You Tube」で、トニー・ベネットがゲストに出でいる画像を発見したので、どうぞ。



これもそうです。どうも、ふたりで「アメリカの都市」の名前のついた歌を掛け合っているみたいで、凄くいい感じ。



時勢柄、プラシドと言うオペラ歌手とトニー・ベネットとのクリスマス・ソングでの共演。シビレます。



さてさてさて、師走は「忘年会シーズン」でもありますね~「N43」でも先日、会が催されました。

皆さん、年末に向け、まだまだ参加される機会があると思われますが、飲み過ぎでシビレない様にしましょうね~。


追記 毎年の恒例、小田さんの「クリスマスの約束」放送日が決まったようです。
   12月25日(日曜)23:30~ TBS系で全国放送。観ないといけませんね~!
   2009年末の『22分50秒』を上回る感動と豪華ゲストで、【28分58秒】の大メドレーだそうです。

   まぁ~個人的には2010年のこじんまりとした「ライブハウス」の様な雰囲気の方が好きですし、
   おやぢが想うに「小田さん的」にも、本来目指していた形ではないかと感じていますが・・・
   09年は確かに感動的ではありましたが、10年の方が小田さんの笑顔が圧倒的に多いように思います。
   いやらしい話「視聴率」とか、商業ベースで考えるとちょっと地味だったんでしょうね~・・・・・

   それはさておき、毎年ご覧になられている方も、それほど言うなら・・・観てみようかと思われた方も
   どんな出演者で、どんな演出で、どんな編曲でと、楽しめるかと思いますし、楽しみですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加