ぬるい気持ちで、ええんちゃう

頑張ってもどうにもならんこともある。
”しゃーないやん!!”ってぬるい気持ちのときもあるよ。

2017年 スキー部OB現場合宿

2017-02-13 18:01:25 | 冬のスポーツ

この週末は1月に訪れた強烈な寒波をさらにさらに強烈にしたような寒波が訪れて日本海側に大雪をもたらした模様。とくに山陰地方が強烈な積雪だったようで、1月に続いて今回も道路で立ち往生して大変えらいめにあった方も大勢いたみたい。自然のこととにはまったく人間の力なんて無力なことやと思ってしまう。
そんな大変迷惑を蒙ったかたも多かったのに、そんな中を遊び目的で雪国に向かうおいらっていったいどうよ?って思ったりする、ってことはまったく無い。ごめん。だって雪が降れば遊びにますます磨きがかかってしまってテンションあげあげになってしまうんやもんな。ほんまに大変な目にあった方にはごめんと言うておきたい。

と言うことで毎年2月の第2週の週末ないしは週末にかかる連休に学生時代のスキー部OBたちとその関係者一同がそろっての冬合宿に参加してきた。
金曜日の夜に出発し、高速道路の全面が真っ白になっている北陸自動車道を糸魚川までひた走り、白馬は白馬乗鞍スキー場に土曜日の未明3時半ごろに到着。
8時ごろまで仮眠を撮れば4時間は寝れるのに、なぜかいきなり宴会開始。結局寝たのが5時を過ぎていたので、せっかく早く着いたのに、何をしているんだと毎年思う。まったく学習されないメンバーなのである。

土曜日が特に寒かったようで、標高が低いスキー場のベースエリアでマイナスの7度ほど。いつもなら今日は寒い日やなっておもってもマイナスの1度ほどしかならないにさすがに寒いのである。

当然スキー場のトップではマイナス10度ほどになってたはず。
そんな寒い中なのでメンバー全員余計にテンションが上がっているのである。だって雪質が最高なんだもの。
 
踏み込めば「キュッキュッ」て音がするくらいの感じなので、実力以上にうまくなったような気にさせてくれるのであるからテンションが上がるもの当然なのである。 

その夜は深夜まで宴会。総勢20名少しのメンバーで日本酒の1升瓶を3本明けて焼酎の1升瓶もほぼなくなる。当然スタートはビールからであるが、発泡酒も含めて2ケースがほぼなくなる。

そんな宴会中もずっとしんしんと雪が降り続けていた。日曜日はまたまた新雪を楽しめるんやろな。


翌日の日曜日は前日の宴会の影響もありながらもテンションが頭の痛さを押さえてくれるのがこれまた不思議。全員いたって元気なのである。平均年齢は既に60歳を越えているっていうのに、先輩方はほんまにばけものか?と毎年思う。
朝ゲレンデに行く途中で駐車場のおいらの車を見ると見事に半分隠れていた。

たぶん30センチは積もっているかな。雪下ろしをしなければならないのであるが、なぜか嬉しくなってしまうではないか。

お正月にも同じお宿にお世話になったけど、一月半でどれだけ雪が増えてんねん。
これでこそこの地方の真冬の2月なのである。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予約 | トップ | 間違い探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

冬のスポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。