日本連盟災害支援センターのブログ

本ブログでは、ボーイスカウト日本連盟災害支援センターからの情報発信を行っていきます。随時チェックお願いいたします!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【配慮】東北の人はがまん強い

2011-06-16 10:53:14 | ブログ



みんなが東北のことについて考えています。報道では原発のニュースの割合は多くなっても、3か月が経過してもいまだに1万人近くの人が避難所で暮らし、全国に避難されている人も12万人にも及んでいる中で「私はいいから、もっとひどい人に」とか「しかたないものな」と伺うことがたびたびあります。そしてそれでも海のことを悪く言う人はいないし、その場所を離れたくない人がたくさんいらっしゃいます。しかし、口について出てくる言葉はそうであっても、その言葉の裏側にあることを慮っていかなければと思います。

揺れ動いている思いもあるでしょうし、やっとそういうことも話ができるようになってと、悲惨な時のことをお話いただけるようになってきました。気をつけていかねばならないことは、けっして私たちのほうから無理に話を伺うようにはしないで、ましてや子どもたちに無理にその時の思い出を呼び起こすような絵を描かせたりはかえってダメージを与えることだと思います。何度も災害ボランティアにこられた方はかなり片付いたと気づかれますが、爪痕が街の中から目立たなくなるまでにはまだまだ、人手が必要です。そして接点をもったところはずっと忘れずに応援し続けていくことが力に代わっていくのだと思っています。

「ともに進もう」には、被災を乗り越えて、東北の皆さんが元気になられるとともに、私たちも我が事として、さらに進化しようという思いが込められているように思えてなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【募集】現在、募集中の災害... | トップ | 6月16日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。