Lime so-da !

K村家の下宿人Nの雑記帳。働きながら、脚本の勉強をしながら、遊びながらのながら生活。

俺たちの旅路

2016-09-18 15:03:48 | 日記
以前、「大人の修学旅行」と称して、3人で1泊2日の弾丸旅行を計画したことがある。
たぶん3年前くらい。

計画の内容は以下の通り。

①仕事帰りに集合し、車に乗って和歌山へいく。
②和歌山市内でホテルに泊まって、翌朝白浜の某記念館を見学。
③白浜あたりでなんかおいしいものを食べて帰ってくる。

想像すると「ちょっと修学旅行みたいやん!」とワクワクした。

ところが、なぜか2回とも台風とか嵐でおじゃんになった。
未だ旅行へいけていない。

それで昨夜、やつらの行きつけの店で飲みながら久々その計画の話が出た。

言い出しっぺの私としては絶対いきたい。

ってか、何年も前からその記念館を狙っていたのだが、現在リニューアル工事中とのこと。
来年の3月くらいまであかないそうだ。


それで今度は「高知へ行きたい」との案が出た。
「大人の修学旅行」第2案~高知編~

①高知の海を見て竜馬を感じる。(キモイ)
②うまい魚をたべる。酒を飲む。
③朝市見学。

とほぼ食い倒れ旅行。

澤田マンションと高知城も気になるので見に行くのもいいなぁ。

とまぁ、相変わらず妄想スケジュールだけはひろがっていく3人。
いったい、いつ決行できるのだろうか・・・。

実は本題はここから。

ずっと時が止まったような3人ですが、そんな3人にもとうとう別れの時が来るようです。
このたび、タケシが都を去るとのこと。
それで再び旅行の話が出たわけです。

よく考えたら、19歳の時から一緒だったからな。

寂しさがないわけでもない。

が、しかし、新幹線で30分なので、グーちゃんと一緒にあそびにいこー。
車でもいけそーやしな。

どこへ行きたいのか、なにがしたいのか最近まったくわからなかったけど
昨日3人で話して、すこしずつ行きたい場所が出てきた。

時間は流れて、そして変化していく。
ずっと「このまま」なんてのは幻想に過ぎない。
ってか、永遠なんてない!
まだまだ変わり続けていきたい。

今回のタケシの話は、いまだどこか夢見心地でだらだらな私に、電気ショックを与えてくれた。
いい加減目を覚ませやーってかんじでしょうか。
刺激的でした。

帰り道の商店街は祭りの装いだった。
商用車が通りを走る時間
しがない三十路が3人で歩く

よくある光景も
懐かしい「いつか」にかわっていくのだろう。

いつもの帰り道
駅へと続く道のファミリーマートとかみると

青春も終わりなんやなーって思ったわ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予告とお告げ | トップ | 台風16号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。