Lime so-da !

K村家の下宿人Nの雑記帳。働きながら、脚本の勉強をしながら、遊びながらのながら生活。

雪のふるまちにて、温泉と友達と麻痺というハンディと

2017-01-25 20:00:42 | 日記
学生時代の友人を訪ねて
福井県は鯖江に行ってきました。

事前に「靴は雪が降ってもよいものを」と言われていたこともあり、
このたびセールでゲットしたスノーブーツを履いていったのですが、
よかった。

本当に良かった・・・。

ただその一言に尽きる。

ちなみに、値段も高いショート丈のノースフェイスのやつにしなくてよかった。
温かいとはおもうけど、私の買ったブーツのほうが機能的で脱ぎ履きも楽で値段も安く済んだので
個人的には嬉しい限りです。

そして友達の予言通り当日は雪が降り積もり、ショート丈を履いてきたボッチと栗原は靴の中に雪が入り込む事態に見舞われ
苦戦し、我々のラッセルの後を歩くことになっていました。

私は自由に走り回れるので、1人で雪遊びを楽しんでみたり

大雪なんて少ないので、景色もふくめすごく美しかったです。
ただ、地元の人の雪かきの苦労や、凍結防止策などは本当に大変だなと思います。


宿は友達が予約してくれたので、いくまで口コミくらいしか情報はなく、どんなところかわからなかったのですが
山に近い集落の中にある宿泊施設でした。

その日の宿泊は私たちだけで、1人一部屋あてがわれ、自由に使わせてもらいました。

お風呂はとても優しいお湯で、長く浸かっていても疲れないのがうれしい。
お湯を出た後も体がほくほくしていました。
なんてったって雪見風呂を楽しめたことが一番うれしい。

なんかいいよなーこういうの。
1人でぼーっとする時間。

自然の音だけをきいて、大気の移り変わりを感じて
元気のない心をそっと包み込んで浄化してくれるようなかんじ

うまくいかなかったこと
これからのこと
人間関係
自信を無くしていたり
がんばれなかったり

でも、また歩き出せるだろうか?

ゆっくりすこしずつでいいやん。

そう思えるようになったよ最近。

人のことがうらやましかったり、
自分にはないものにすねてみたり
何も変われない自分が恐ろしかったり。
努力が足りないとか言われたり、
努力したら得られるものばかりなのか?世の中は。
明確な答えなんてないだろう。
少なくとも今の私にはその答えは出せない。
出せるメンタルではない。
悩み苦しんで落ち込んでもみたが、
ほしいからと手に入るものではないことと、今の自分にはそれがないのだから仕方がないいうことにきがついた。

どんなに過去を振り返っても過去はもう戻ってこない。
そんなことよりも自分に与えられた道をただひたすらに歩いていくこと
そのことが、今の私には一番わかりやすく、最も取り組めそうなことだ。

私には麻痺がある。
その現実と一緒に歩いていける道を探すこと。
そこから自分自身に何か新しい変化を生み出せるのではないかと・・・

いつかちゃんと話さなければいけない日が来るだろう。

その前に、自分がきちんとその現実を受け止めて生きていけるようになろう。
それが2017年の自分なのだと。

そう思う。
ゴチャゴチャだった私の心はお風呂の中で少しだけ整理できたのでよかった。

降り積もる雪が生み出した景色は
自分が思うよりもたくさんのことを心に問いかけてくれた。
私はその音に耳を澄まし、思う存分心の中に取り込めばいいだけなんだと
それは得意だし、好きなことだから
ここで取り入れたものをもってかえろう。

なんとか今年もやっていけそうな気になって
ほっと一安心です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末ですね。 | トップ | ゾロ目のお年頃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。