音楽の思い出日記

いままでにハマった音楽についてのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CDの大量処分

2015-12-13 22:34:13 | 日記
お部屋の掃除をするときはいつも憂鬱です。

特に、棚!きれいに並べてあったはずが、いつの間にかぐちゃぐちゃになって…なんてことはしょっちゅう。

何度も聞くはCDすぐ取り出せるのに、もうほとんど使わなくなったCDが棚の奥に隠れている…なんてこともたくさんあります。

そんなときはCDを段ボール箱に詰めたりもするんですけど、なんだかかわいそうなんですよね。

やっぱり音楽好きとしては、棚にきれいにCDを収納しているのが一番だって思うんです。



だから私は季節ごとにCD棚の整理をしています。

方法は簡単?よく聞くCDと聞かなくなったCDに分けて、後者を古本屋さんへ売るんです!

以前は段ボール箱をいくつも古本屋さんへ運んだりもしましたが、最近はとっても便利ですよ。

なんたって、おうちの前まで受け取りに来てくれるんですから!

一人暮らしで、車も持っていない私にはとっても嬉しいサービスです。



私は本・CD・DVD・ゲーム買取比較帳という一括査定サイトを利用しています。
特に楽-yaというお店は音楽に特化しているらしく楽器の買取もしているぐらいなのでCDの買取価格が高くておすすめです。
ダンボールの受け取りは代理の宅配業者さんが来てくれるんですが、送料はお店持ちなので出費はゼロ!
*ただしCD枚数が少ないと送料がかかる場合もあります。

さらに査定も1週間くらいで、銀行口座に振り込んでもらえました。

ちゃんと1枚1枚にどのような金額がついたかも書類をおくってもらえるので安心。

古すぎるCDやディスクの傷がひどいCDはゼロ円になっているももありましたが、その代わりベストセラーなどは高く買い取ってもらえます。
サントラや洋楽は案外高い値段がつくことが多いです。

査定金額に不満があったらCDを返してもらうことも大丈夫なので、そういった点も信頼しているポイントです。



特に私が「古本屋さんに売って良かった!」と思ったのは引っ越しのとき!

こんなにたくさんのCDは持って引越できない…と悩んでいましたが、家に来てもらってその場で査定、買い取ってもらいました。

引っ越し資金の足しにもなって良かったです?



CDを売るときは、ちょっと寂しいな、といつも思いますが、よく聞く人の手元にある方がふさわしいですよね。

そうやって私が買ったCDが、いろんな人にもまた楽しんでもらえたらな、と思っています。

お店で売れないCDは、お店からボランティア団体などに寄附されるということも聞いているので、ちょっとだけ人の役に立っているのかもしれません…笑。

お部屋もきれいにできて、ちょっとしたお小遣いも稼げて…家で眠っているCDを売るのはいいこと尽くめですよ?
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇多田ヒカルの「First Love」 | トップ | リサ・ローブのTailsを再び »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。