A PIECE OF FUTURE

美術・展覧会紹介、雑感などなど。未来のカケラを忘れないために書き記します。
takeshirata@gmail.com

未読日記1195 『絵画について』

2016-06-30 23:12:42 | 書物
タイトル:ディドロ 絵画について (岩波文庫)
タイトル別名:Traité de peinture
       Essais sur la peinture
シリーズ名:岩波文庫, 青(33)-624-7
著者:ディドロ
訳者:佐々木健一
カバー:中野達彦
カバー図版:サロン会場図(部分)ガブリエル・ド・サントーバン画(1767年)
発行:東京 : 岩波書店
発行日:2005.12
形態:279p ; 15cm
注記:ディドロの『絵画論』 (Traité de peinture) と関連の幾つかのテクストの翻訳
   底本: Essais sur la peinture, édité par Gita May in : Œuvres complètes, vol. 14, Hermann, 1980
   原著は挿図なし
   「明暗法の検討」は、ネジョン版(1798年)から『絵画論』に組み込まれたが、ディドロが執筆した当初は『絵画論』に含まれていなかった。
内容;
18世紀パリの新風俗となったサロン展。その批評活動に立脚して書かれた『絵画論』関連の4篇を収録。模倣に自然哲学と芸術の接点を見出し、趣味を論じて美の判定の根拠を問う。デッサン・色彩・明暗法・構成等を論じ、シャルダンらの仕事を踏破する、独創的な美学論考。

目次

訳者まえがき
絵画論
第1章 デッサンに関するわたしの奇想
第2章 色彩に関する愚考
第3章 わたしが生まれてこのかた明暗法について理解したことのすべて
第4章 表情に関して誰もが知っていること、誰もが知っているわけではないこと
第5章 構成に関する章、構成について話そうと思っている章
第6章 建築に関するわたしの意見
第7章 全体に関する小さな補論
付 明暗法の検討
一七六五年のサロン 序文
ソフィー・ヴォランへの書翰(一七六二年九月二日)
マニエールについて
訳注
解説

購入日:2016年6月30日
購入店:Amazon.co.jp
購入理由:
 明楽和記展のキュレーション、テキストの参考文献として購入。明楽作品はともするとコンセプチュアルアート、今展ではシミュレーショニズムの側面が強く出てしまうが、基本は絵画なのである。そこはブレていない。まずは、「絵画について」理解を深めるべく、本書でおさらい。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1194 『増補 シミュレーショニズム』

2016-06-29 20:50:56 | 書物
タイトル:シミュレーショニズム (ちくま学芸文庫)
タイトル別名:シミュレーショニズム : ハウス・ミュージックと盗用芸術
       増補シミュレーショニズム
       Simulationism
シリーズ名:ちくま学芸文庫
著者:椹木野衣著
カバーデザイン:岩瀬聡
装画:笠原恵実子《Untitled 90-13》1990
発行:東京 : 筑摩書房
発行日:2005.4第4刷(2001.5第1刷)
形態:400p ; 20cm
注記:『シミュレーショニズム : ハウス・ミュージックと盗用芸術』(洋泉社 1991年刊)を基にし, 「講義篇」を加筆したもの.
   その他のタイトルはカバージャケットによる
内容:
恐れることはない、とにかく「盗め!」世界はそれを手当たり次第にサンプリングし、ずたずたにカットアップし、飽くことなくリミックスするために転がっている素材のようなものだ——「作家」と「作品」という概念およびその成立の正当な基盤とされる歴史性と美学、ひいては「近代」の起源そのものの捏造性を看破、無限に加速される批評言語の徹底的実践とともに、まったく新たな世界認識のセオリーを呈示し、その後のアート、カルチャーシーンに圧倒的な影響を与えた名著。「講義篇」増補を含む。

目次

−01 シミュレーショニズム 講義篇
00 シミュラクルの戦略
01 シミュレーション・アート
02 ハウスミュージック
03 ポスト・ヤルタ体制下の反美学
あとがき
解説

購入日:2016年6月29日
購入店:Amazon.co.jp
購入理由:
 成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーアートサイトにて開催される「Reproduction」展(2016年7月18日〜8月6日)のための予習・参考文献として購入。実家には、河出文庫版を持っていた気がするが、増補版のちくま学芸文庫版を新たに買い直す。ちなみに、本書も京都府・市の図書館に所蔵がない。
 Reproductionは、複製、模写、模造、コピーなどを意味する言葉である。シミュレーショニズムではないが、類似する点もある。そこで、学生時代に読んだ本書を久しぶりに再読しようと思った次第。
 なお、私は7/30(土)に開催されるアーティストトークでモデレーターを務めさせていただきます。会期後に刊行予定の記録集ではレビューも執筆予定です。どうぞよろしくお願いいたします。みなさまと会場でお会いできるのを楽しみにいています。ぜひお話ししましょう。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1193 『〈写真と絵画〉のアルケオロジー』

2016-06-28 23:50:26 | 書物
タイトル:「写真と絵画」のアルケオロジー―遠近法リアリズム記憶の変容 (白水社アートコレクション)
シリーズ名:白水社アートコレクション
著者:伊藤俊治
ブック・デザイン:東幸見
発行:東京 : 白水社
発行日:1987.12
形態:86p ; 22cm
注記:タイトルは背による
   「写真と絵画」をめぐるクロノロジー&アンソロジー: 巻末
内容:
〈写真と絵画〉というパラダイムを単に様式上の影響とか、一方が他方のイメージ・ソースとなったといった問題で処理せず、絵画と写真の融合的な形式が生みだした二十世紀の想像力や感受性の絡みあいを検証しつつ、変容するメディア環境がどのように新しい記憶の磁場を発生させ、それを個々のアーチストたちが自らの想像力に生かそうとしているかを探る。

目次

第1章 〈写真以前〉と遠近法の変遷
第2章 リアリズムとモデルニテ
第3章 「芸術」をめぐる錯綜
第4章 「機械の眼」との対峙
第5章 遠近法の再生と物性
第6章 〈写真以後〉と新しい記憶
〈写真と絵画〉をめぐるクロノロジー&アンソロジー

購入日:2016年6月28日
購入店:日本の古本屋
購入理由:
 Gallery PARC Art Competition 2016で開催される嶋春香展「MEET / MEAT」の予習・参考文献として購入。
「写真と絵画」の関係について思いついた文献は本書だった。以前にも持っていたのだが、実家でも見つからず、京都府・市の図書館にも所蔵がなく、仕方なく買うことにした。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

memorandum 322 自分の頭で自由にものを考える

2016-06-27 23:20:59 | ことば
「でも僕はひとつの場所に縛りつけられることが好きじゃありません。好きなときに好きなところに行って、好きなだけものを考えられるような、自由な生き方をしたいんです」
「でも、それは簡単なことじゃないよ」
「簡単なことじゃありません。そのとおりです。でも僕の気持ちは決まっているんです。僕は常に自由でありたい。」

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』文藝春秋、2013、65-66頁.

私もまたそんな自由な生き方をしたくて、苦労している。
縛りつけられた場所で得るストレスと憎しみ、悲しみ、嫉妬、自己嫌悪、自意識過剰に疲れている。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

memorandum 321 限定された目的は人生を簡潔にする

2016-06-26 23:04:01 | ことば
「失礼なことを言うようですが、限定して興味を持てる対象がこの人生でひとつでも見つかれば、それはもう立派な達成じゃないですか」
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』文藝春秋、2013、53頁.

なんだ、もう達成してるのか。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1192 『人生処方詩集』

2016-06-25 21:50:43 | 書物
タイトル:人生処方詩集 (岩波文庫)
タイトル別名:Doktor Erich Kästners lyrische hausapotheke
シリーズ名:岩波文庫, 赤(32)-471-1
著者;エーリヒ・ケストナー
訳者:小松太郎
カバーカット:エーリヒ・オーザー
発行:東京 : 岩波書店
発行日:2014.11
形態:293p ; 15cm
注記:底本: 角川文庫版『人生処方詩集』 (角川書店, 1966)
   挿画: エーリヒ・オーザー
内容:
『ふたりのロッテ』や『飛ぶ教室』などでおなじみの作家ケストナー(1899‐1974)による大人のための詩集。現代人のゆううつをユーモアをまじえた新鮮な感覚とウイットで表現。即物的でありながら抒情的、悲しさと笑いが渾然一体となった〈読むクスリ〉。はからずも人生の苦さを知ってしまったすべての人たちに!

目次

序文
使用法(索引つき)

列車の譬喩
ホテルでの男声合唱
臆せず悲しめ
堅信を受けたある少年の写真に添えて
顔のうしろはだれも覗かない(勇気のある者のためのテキスト)
顔のうしろはだれも覗かない(小心者のためのテキスト)
努力家
墓場の老女
感情の反復
偶然による残高
これが運命だ
たまたまもの干し場に出あって
顔を交換する夢
倫理
休仕のクリスマス前夜
人類の発達
他郷にでもいるような
夜会服の怪物へ
自殺戒
スポーツ
彼は彼女を愛しているのか彼にはわからない
洗濯婦の手について
森は黙っている
ある心臓病患者の日記
ヴァイオリン弾きの悩み
ハムレットの亡霊
センチメンタルな旅行
めっぽう育ちのいい淑女たち
安楽椅子の引っ越し
警告
従兄の隅窓(E.T.A. Hoffmannに捧ぐ)
見つかった十ペニヒ玉
現代美術展覧会
養老院
即物的な物語詩
リュクサンブール公園
だれでも知っているかなしみ
いわゆる知恵のない女たち
マッチ売りの少年
待ちかねた春が来た
合成人間
あるシャンソン歌手の予告
いささか早熟の子供
辛抱が大事
失意のあとの散歩
海水浴場で自殺
慈善
配役のある独白
ある女性の弁護演説
黄金の青春時代
雪の中のマイヤー九世
盲人の独白
人生がくりかえされたら
グロースヘニヒ夫人から息子へのたより
汽車旅行
少年時代へのささやかな案内
善良な娘が夢を見る
高山の仮装舞踏会
孤独
アルバム詩
永遠の愛の実例
温泉だより
青年が夜あけの五時に
謙譲への勧誘
春は前借りで
ジメジメした十一月
ある男が真相を告げる
怠惰の魅力
簿記係が母親へ
けちん坊が雨の中を
不振の物語詩
海抜千二百メートルの紳士たち
ある種の夫婦
裏通りで
略歴
日曜日の朝の小さな町
典型的な秋の夜
蕩児帰る
絶望第一号
上流の娘たちの会話
一本の木がよろしく
子守唄(父親のうたえる)
カレンダーの格言
卑しさの発生
睡眠をたたえる
郊外の路
大げさな言葉のない悲歌
母親が決算する
鏡の中の心臓
けんのんなカフェー
部屋借りの憂うつ
計画的な同時代人
大晦日の格言
天才
自動車で田舎を
轢かれるときの感想
極上の天気
ケルナー支配人はうわのそら
ひとり者の旅
さっぱりだめになった笑い
夜の路上カフェー
自殺者たちがえぞぎくの花束をにぎって
都会人のための夜の処方
ある妻の寝言
レッシング
不信任投票
秋は全線に
厭世家とは簡単にいうと
郊外の別れ
気圧の葛藤
発育不全型
同級会
静かな訪問
雨の日の朗吟
小さな日曜日の説教
シュナーベルのフォークの寓話
現代の童話
おじいさまとおばあさまのとこへお客さま
一立方キロで足りる

訳者あとがき
小松太郎訳『人生処方詩集』(富士川英郎)

購入日:2016年6月24日
購入店:ジュンク堂書店 京都店
購入理由:
 この1ヶ月、兄と友人の結婚式に出席した。人様の幸せな姿を見て、素朴に「幸福」ってなんだろう、どうして自分には幸福に縁がないのだろうと考える。ここ最近はアラン、ラッセルの『幸福論』を読んできたが、続いて日本人の『幸福論』も読んでみようと寺山修司の『幸福論』を読み始めた。そのなかで本書のことが取り上げられており、興味が湧いた。本書の特徴は、詩を処方薬にたとえ、年齢が悲しくなったら、貧乏に出あったら、孤独に耐えられなくなったら、といった使用法が付されていることである。たしかに、頭痛には頭痛薬、腹痛には胃腸薬があるが、心の変調、痛さ、苦さに効く薬はあるのだろうか。本書が「クスリ」になるかわからないが、まずは服用してみよう。
 ところで、寺山は同名のアンソロジーを作っている。こちらの方はオリジナルを上回る捻りが効いていて、とてもおもしろい。こういうアンソロジーを他の人でも読んでみたい。あるいは、他のジャンルでもできるのではないだろうか。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1191 『京都ぎらい』

2016-06-24 23:01:07 | 書物
タイトル:京都ぎらい (朝日新書)
シリーズ名:朝日新書, 531
著者;井上章一
カバーデザイン:アンスガー・フォルマー、田嶋佳子
発行:東京 : 朝日新聞出版
発行日:2015.9
形態:221p ; 18cm
内容:
あなたが旅情を覚える古都のたたずまいに、じっと目を凝らせば…。気づいていながら誰もあえて書こうとしなかった数々の事実によって、京都人のおそろしい一面が鮮やかに浮かんでくるにちがいない。洛外に生まれ育った著者だから表現しうる京都の街によどむ底知れぬ沼気(しょうき)。洛中千年の「花」「毒」を見定める新・京都論である。

目次
まえがき
1 洛外を生きる
2 お坊さんと舞子さん
3 仏教のある側面
4 歴史のなかから、見えること
5 平安京の副都心
あとがき 七は「ひち」である

購入日:2016年6月23日
購入店:ブックオフ 京都三条駅ビル店
購入理由:
 京都文化芸術コア・ネットワーク総会・ディスカッション「京都の現代カルチャーと芸術の未来」を聴講した際に、建畠晢氏が本書について触れていたので、参考・復習として読んでみたく思った。そうえいば、ディスカッションでは誰も「京都ぎらい」の観点から「京都の現代カルチャー」について語る人はいなかった。
 人気の本だということは知っていたので、ダメもとで図書館で借りられるかと思ったが、調べたら予約でいっぱいであった。わざわざ新刊で買うのもと思っていたところ、たまたま立ち寄った書店で古本を見つけたので購入。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1190 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

2016-06-23 23:51:26 | 書物
タイトル:色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
タイトル別名:Colorless Tsukuru Tazaki and his years of pilgrimage
装画:モーリス・ルイス, "Pillar of Fire", DU#431, 1961
装丁:大久保明子
発行:東京:文藝春秋
発行日:2013.4
形態:320p ; 20cm
内容:
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。

購入日:2016年6月23日
購入店:ブックオフ 京都三条駅ビル店
購入理由:
 キュレーションを担当する「明楽和記展」の参考資料として布施英利『色彩がわかれば絵画がわかる』(光文社新書、2013年)を読んだ際、本書について書かれたコラムがあった。本書の存在は知っていたが、村上春樹のファンでもないのでそれほど興味がなかった。だが、布施氏のコラムを読んで、本書が色彩論とも呼べる小説だと知り、とても興味が湧き読んでみようと思った。
 村上春樹を読むのは何年ぶりだろう。『ねじまき鳥クロニクル』で挫折して以来、ほとんど読んでいない。久しぶりに読むと鼻につく描写はあるものの、物語にどんどん引き込まれていき、とても楽しかった。主人公の大学時代の友人・灰田が語る父親の話、駅長が語る駅の遺失物の話など、ポール・オースターの小説みたいにミステリアスで魅了される。また、小説中に頻繁に取り上げらるフランツ・リストの「ル・マル・デュ・ペイ」の使用はすばらしく効果的である。
 なぜ本書に魅了されたのだろうと考えると、おそらく私が本書の主人公・多崎つくるに自分を投映できた点が大きい。なぜなら、私と主人公の性格、状況、過去に共通点があり、主人公にアイデンティファイできたからだ。私も過去に明確な理由を知らされず、友人や恋人に去られたことがあり、出身地を離れて暮らし、友人がいない(他にもあるが、ネタバレになるので書かない)。つまり、私も色彩を持たないのだ。
 それはそれとして、本書がすばらしいのは、色彩学の知見や色彩の比喩を巧みに潜ませていることだろう。また、色彩が3原色(RGB)、4成分(CMYK)などと言われるように、本書には数字(主に偶数、4の倍数)が頻出し、さまざまな想像を刺激する。
 タイミングよく文庫本になったが、表紙は単行本の方が好み。また、明楽展のトークイベントのネタになるかもと思い、単行本を購入。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

memorandum 320 出会い

2016-06-22 23:44:21 | ことば
出会いに期待する心とは、いわば幸福をさがす心のことなのだ。
寺山修司『幸福論 (角川文庫)』角川書店、2005年、92頁.

出会いは幸福である。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

memorandum 319 無視

2016-06-21 22:15:54 | ことば
 寂しいから、とひとは言う。だが、寂しいのは、じぶんがここにいるという感覚がじぶんがここにいるという事実の確認だけでは足りないからである。人がもっとも強くじぶんの存在をじぶんで感じることができるのは、褒められるのであれ貶されるのであれ、愛されるのであれ憎まれるのであれ、まぎれもない他者の意識の宛先としてじぶんを感じることができるときだろう。「ムシられる」(無視される)ことでひとが深い傷を負うのは、じぶんの存在がまるでないかのように扱われるからであり、じぶんのこの存在がないことを望まれていると感じるから、そういう否定の感情に襲われるからだ。だれからも望まれていない生存ほど苦しいものはない。老幼を問わず。
鷲田清一『感覚の幽(くら)い風景 (中公文庫)』中央公論新社(中公文庫)、2011年、116頁.


職場でもプライベートでも日々無視され、「じぶんの存在がまるでないかのように扱われ」ていると、わたしは他者の意識の宛先になっていないとつくづく思う。
これまでもこれからもだれからも望まれない生を生きていくのだろう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加