A PIECE OF FUTURE

美術・展覧会紹介、雑感などなど。未来のカケラを忘れないために書き記します。

未読日記1247 『少食が健康の原点』

2016-10-27 23:50:36 | 書物
タイトル:少食が健康の原点―万物への愛と慈悲がエネルギーを生む
著者:甲田光雄
COVER ILLUSTRATION:SHIMIZU MINORU
COVER DESIGN:HARA TAKAO
PHOTO TYPE SETTING:MIYAMOTO TOSHIO
発行:東京 : たま出版
発行日:1994.2第4版(1991.8初版)
形態:350p ; 19cm
注記:参考文献:p347〜350
内容:
人体機能を活性化し、健康と長寿をもたらす未来の食生活はこれだ。開業医が長年の臨床体験と豊富な医学データで実証する宗医一体の総合エコロジー医療から腹六分目の奇跡をあなたに。
◎現代医学 ◎民間療法 ◎西式健康法 ◎断食療法 ◎生菜食健康法 etc.


「推薦のことば・甲田先生を第二のガリレオにするな」理学博士 武者宗一郎
はじめに
1 少食(愛と慈悲)が健康の原点
2 少食を実行する上での注意事項
3 少食の効用
4 少食の実際
5 厳しい少食の実例
6 どこまで少食になれるか
7 少食でもやってゆける理由
あとがき
参考文献

購入日:2016年10月26日
購入店:Amazon.co.jp
購入理由:
 In Studies vol.4「ア・ターブル! ごはんだよ!アートだよ!」の参考文献として購入。
 本書を知ったのは、2015年12月3日の日経新聞夕刊のリレーコラム・読書日記でサンプラザ中野氏が取り上げていたことだった。少食がアトピーやアレルギーの改善に効用があるとする記述に興味を魅かれて読もうと思ったものの、他の仕事で忙しくしていた。だいぶ時間がたったが、今回の企画で本書を思い出し、手に取ってみることにした。

『本』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未読日記1246 『農の美学―日... | TOP | 未読日記1248 『清親 : 光線... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL