A PIECE OF FUTURE

美術・展覧会紹介、雑感などなど。未来のカケラを忘れないために書き記します。
takeshirata@gmail.com

Recording Words 086 奥深さと退屈さ

2010-04-19 20:24:40 | ことば
深い泉の場合と同じに、奥深い人間のなかに何かが落ちると、それが底に達するまで長い時間がかかる。はたの人間はふつう長くは待てない性分なので、とかくこういう人たちを無感動で冷酷だと――あるいは退屈だとも見なす。
(フリードリッヒ・ニーチェ『ニーチェ全集6 人間的、あまりに人間的Ⅱ』中島義生訳、筑摩書房/ちくま学芸文庫、1994年、p.498)

無感動で冷酷、退屈な人、かつてそう言われたりしたこともありましたっけ。
実際は、ただ鈍感で、物事を理解したり、考えたりするのに時間が途方もなくかかる人間なだけなのですが。しかし、気が長いというのは美術にとって大事な要素かもしれない、とぼんやり思ったりする今日この頃です。
『本』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未読日記385 「岡村桂三郎20... | TOP | 未読日記386 「中ザワヒデキ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL