A PIECE OF FUTURE

美術・展覧会紹介、雑感などなど。未来のカケラを忘れないために書き記します。

未読日記871 『染+ わたしにまつわるそめのはなし』

2014-04-30 23:13:38 | 書物
タイトル:染+ わたしにまつわるそめのはなし
並列書名:SOME plus +: the tales of SOME around us
発行:[出版地不明] : 「染+ わたしにまつわるそめのはなし」出品者
撮影:矢野誠
発行日:2014.3
形態:[16]p ; 21cm
注記:展覧会カタログ
   会期・会場: 2013年11月1日-11月24日:染・清流館
   監修:三橋遵
   出展作家:樫尾聡美/柏井裕香子/小林亜弥香/むらたちひろ
内容:
「樫尾聡美、柏井裕香子、小林亜弥香、むらたちひろの仕事にみる良質な光」三橋遵(京都市立芸術大学)
樫尾聡美
柏井裕香子
小林亜弥香
むらたちひろ
「非定型の染色」深萱真穂(フリーライター)
作家略歴

頂いた日:2014年4月30日
 出品者の方よりご恵贈頂きました。どうもありがとうございます。
会場は染色・染織の美術館だが、いわゆる着物などは出ていない。染色分野を専攻した作家たちによる染色の可能性が随所に試みられた展示であった。なかでも柏井裕香子の地図的なイメージと山稜を思わせる作品展示は興味深かった。布ならではの可変・非定型な試みは、他の素材・形式ではこうはいかないだろう。
 また、むらたちひろのカーテンの作品は、日常へと接続する展示形式であった。そこに窓がないにも関わらず、カーテンがあるという異質感も効果的だった。パネルによる絵画(?)も、滲みと余白が美しかった。
 会期終了後でもこのような記録集・カタログを制作するのは、とても有益だと思う。少部数でも写真とテキストが掲載された冊子があると資料として残る。また、展覧会を見た者には思い返す機会になり、見れなかった者には、展覧会の概要を知る機会となる。
『本』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« memorandum 149 文学の任務 | TOP | memorandum 150 世界に傾注... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL