A PIECE OF FUTURE

美術・展覧会紹介、雑感などなど。未来のカケラを忘れないために書き記します。
takeshirata@gmail.com

未読日記1314 『〈もの派〉の起源』

2017-06-14 11:52:20 | 書物
タイトル:〈もの派〉の起源 : 石子順造・李禹煥・グループ〈幻触〉がはたした役割
タイトル別名:Mono-Ha: ISHIKO Junzo / Lee U-Fan / group "Genshoku"
シリーズ名:水声文庫
著者:本阿弥清
装幀:宗利淳一
発行:東京 : 水声社
発行日:2016.11
形態:265p, 図版 [32] p ; 20cm
注記:カバーに「水声文庫」の表示あり
   主要参考文献: p249-251
内容:
斎藤義重や高松次郎の影響で誕生したとされる〈もの派〉。だがそこには、美術批評家の石子順造とともに静岡で活動するグループ〈幻触〉の存在があった。〈もの派〉以上に〈もの派〉的な、独自の作品を作っていた〈幻触〉の活動を詳らかにし、〈もの派〉の真実に迫る!60年代美術史の真実。

目次

1 〈もの派〉とその起源
2 一九六八年春から一九六九年春の出来事
3 《位相‐大地》について
4 石子順造とその仲間たち
5 グループ〈幻触〉の存在
6 〈もの派〉と〈幻触〉の作品
7 現代美術の批評精神
8 石子順造と「丸石」


[付録]
李禹煥氏は答える——三つの疑問点をめぐる対話から
トリックス&ヴィジョン展と石子順造のこと 李禹煥×中原佑介
石子順造の思い出 鈴木慶則×李美那

主要参考文献
グループ〈幻触〉資料

「あとがき」に代えて

購入日:2017年6月14日
購入店:Amazon.co.jp
購入理由:
 Gallery PARC Art Competition 2017 #01「近藤 洋平:whereabouts」のレビューテキストのための参考文献として購入。
 以前に近藤氏とお話させて頂いた際、国立国際美術館で開催された「もの派—再考」展に影響をうけたという話を聞いたので、もの派について復習しようと考えた。残念ながら、日本ではいまだに「もの派」について入手可能な研究書がない状況だが、本書は一般で入手可能な数少ないもの派関連本である。なぜ関連本かというと、本書はタイトルに「もの派」とついているが、もの派につながる前進的活動をしたグループ〈幻触〉についての本であり、「もの派」の本ではない。くれぐれもご注意あれ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1313 『物語の構造分析』

2017-06-13 21:17:55 | 書物
タイトル:物語の構造分析
タイトル別名:Introduction à l'analyse structurale des récits
著者:ロラン・バルト
訳者:花輪光
発行:東京 : みすず書房
発行日:2016.4第27刷(1979.11第1刷)
形態:219p; 20cm
注記:著者が指定した15編のテクストのうち8編を選んで収めたもの
   他の7編は沢崎浩平訳『旧修辞学』 (みすず書房既刊) 及び同じ訳者によるみすず書房から刊行予定の図書に収録
   [Selection 1]: 標題紙裏
   原注: p171-186
   訳注: p187-195
   裏ジャケットに著者の写真あり
内容:
「物語はまさに人類の歴史とともに始まるのだ。物語をもたない民族はどこにも存在せず、また決して存在しなかった。あらゆる社会階級、あらゆる人間集団がそれぞれの物語をもち、しかもそれらの物語はたいていの場合、異質の文化、いやさらに相反する文化の人々によってさえ等しく賞味されてきた。物語は、良い文学も悪い文学も差別しない。物語は人生と同じように、民族を越え、歴史を越え、文化を越えて存在する」

フランスにおける〈物語の構造分析〉は事実上、「コミュニカシヨン」誌、八号の物語の構造分析特集に始まると云ってよかろう。その巻頭を飾った、バルトの「物語の構造分析序説」は今や〈古典〉として名高い。この論文は現在においても、依然としてその重要性を失っていない。本書は、この記念碑的な労作をはじめ、批評家バルトの基調を示す「作者の死」「作品からテクストへ」、さらに、バルト的神話学ないし記号学の新しい方向を示す「対象そのものを変えること」等、八篇を収める。つねに変貌してゆくバルトの、60年代から70年代にかけての軌跡を明らかにする評論集。

目次
物語の構造分析序説
天使との格闘――「創世記」32章32-33節のテクスト分析
作者の死
作品からテクストへ
現代における食品摂取の社会心理学のために
エクリチュールの教え
逸脱
対象そのものを変えること

原註
訳註
訳者解題

購入日:2017年6月13日
購入店:丸善 京都本店
購入理由:
 京都・瑞雲庵にて開催された「アンキャッチャブル・ストーリー」レビューのための参考文献として購入。
「uncatchable(捕まえられない=わからない)」物語(story)というタイトルで思い出したのが本書だった。物語論は奥が深すぎて勉強している時間はないが、ひとまず本書でなにかヒントを得ることにしよう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1312 『風立ちぬ・美しい村』

2017-06-11 14:18:40 | 書物
タイトル:風立ちぬ・美しい村
シリーズ名:新潮文庫, 140, ほ-1-2
著者:堀辰雄
カバー装画:最上さちこ
発行:東京 : 新潮社
発行日:2013.6第118刷(2011.10第115刷改版、1951.1第1刷)
形態:233p ; 16cm
注記:年譜: p227-233
内容:
風のように去ってゆく時の流れの裡に、人間の実体を捉えた『風立ちぬ』は、生きることよりは死ぬことの意味を問い、同時に死を越えて生きることの意味をも問うている。バッハの遁走曲に思いついたという『美しい村』は、軽井沢でひとり暮しをしながら物語を構想中の若い小説家の見聞と、彼が出会った少女の面影を、音楽的に構成した傑作。ともに、堀辰雄の中期を代表する作品である。

美しい村
 序曲
 美しい村
 夏
 暗い道
風立ちぬ
 序曲
 春
 風立ちぬ
 冬
 死のかげの谷
注解 谷田昌平
堀辰雄 人と作品 中村真一郎
『風立ちぬ・美しい村』について 丸岡 明
年譜

購入日:2017年6月11日
購入店:大垣書店 本店
購入理由:
 むらたちひろ作品のレビューテキストのための参考文献として購入。
 むらたの旗や舟型の作品が「風」で動くものであることから、風について調べる。風といえばの思いつきで、大瀧詠一の「風立ちぬ」を聴き、その後に本書を思い出して、手にとってみた。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1311 『Ceramic Site 2017』

2017-06-06 15:44:59 | 書物
タイトル:Ceramic Site 2017
編集:ギャラリー白
撮影:南野馨
発行:大阪 : ギャラリー白
発行日:2017.4
形態:[25]p : 挿図 ; 21cm
注記:展覧会カタログ
   会期・会場: 2017年6月5日-6月17日:ギャラリー白, ギャラリー白3, ギャラリー白kuro
   タイトルは表紙による
   出品作家: 栗田尚子, 大原千尋, かのうたかお, 川越里美, 清水六兵衞, 國方善博, 小海滝久, 小松純, 重松あゆみ, 杉山泰平, 須浜智子, 堤展子, 西村充, 長谷川直人, 堀野利久, 前田晶子, 南野馨
   略歴あり
内容:
「陶芸にとらわれない、ということ」マルテル坂本牧子
図版
略歴

頂いた日:2017年6月6日
 大阪・ギャラリー白にて開催された「Ceramic Site 2017」会場にて頂きました。どうもありがとうございます。会場も3会場になり、冊子もボリューム感がある。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1310 『ATELIER INCURVE in ART FAIRS』

2017-06-05 23:51:05 | 書物
タイトル:ATELIER INCURVE in ART FAIRS
編集:今中博之、神谷梢、左海和可子、石川雄太
翻訳:石原田明美(有限会社 English Hands)
装丁・デザイン:八木良治(株式会社八木デザイン)
撮影:左海和可子
発行:[大阪] : ビブリオ インカーブ
発行日:2017.3
形態:116p ; 24cm
注記:限定版 0487/1000部
   平成28年度 文化庁 戦略的芸術文化創造推進事業
   「障がいのある人による芸術作品の海外展示・市場動向調査事業」報告書
   主催:文化庁|社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ
内容:
はじめに—今中博之

アート・オン・ペーパー 2017
新木 友行
阪本 剛史
寺尾 勝広
寺井 良介

アートフェア東京 2017
阪本 剛史

市場の力—松井 彰彦
ディスカッション—前山 裕司 × 今中博之
インタビュー1—小出 由紀子
インタビュー2—モンティ・ブランチャード
アート・オン・ペーパー 2017 出展報告
アートフェア東京 2017 出展報告

おわりに—今中博之

作品リスト
作家展覧会歴

頂いた日:2017年6月5日
 アトリエインカーブのメールマガジンにて本書の先着プレゼントがあり、応募したところ頂きました。どうもありがとうございます。いわゆる報告書のような体裁を想定していたら、ハードカバーのしっかりとした本が届いた。図版もフルカラーで大きく掲載され、見ごたえがある。
 さらに、本書が興味深いのは、アール・ブリュット作品のアートフェア出展という「市場性」への挑戦を経済学者、美術評論家やキュレーターなどの寄稿、ディスカッション、インタビューなどを通じて、言論や視点を多角的に深めていることだろう。専門外なので勉強したい。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1309 『トーキョーワンダーサイトアニュアル 2016』

2017-06-03 13:55:46 | 書物
タイトル:トーキョーワンダーサイトアニュアル 2016
タイトル別名:TOKYO WONDER SITE ANNUAL REPORT 2016
編集:杉本勝彦
   トーキョーワンダーサイト(伊藤まゆみ|市川亜木子|藤井宏水)
インタビュー:内田伸一
翻訳:クリストファー・スティヴンズ、アンドレアス・シュトゥールマン
撮影:加藤健、佐藤基、須田俊哉(bloomy)、髙橋健治、ただ(ゆかい)、トーキョーワンダーサイト
デザイン:溝淵 貢(株式会社 ikaruga.)
発行:東京 : 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 育成支援課
発行日:2017.6
形態:165p ; 21cm
内容:
PART.1 インタビュー
 青木真莉子
 山田健二
 児玉北斗
PART.2 プログラム
 トーキョーワンダーウォール
 TWS-Emerging 2016
 ワンダーシード 2017
 TWS-NEXT @tobikan「クウキのおもさ」
 クリエーター・イン・レジデンス・プログラム 2015-2016
 オープンサイト 2016-2017
 若手のための現代音楽企画ゼミ 2016
PART.3 講評/審査員評
 TWS-Emerging 2016
 オープンサイト 2016-2017
 若手のための現代音楽企画ゼミ 2016
はじめに
ミッションと活動
施設案内
 
頂いた日:2017年6月3日
 発行元よりご恵贈頂きました。どうもありがとうございます。
 トーキョーワンダーサイトまれにしか行けてないが、こうして活動記録を眺めると、現代美術に多大な刺激と貢献をしていることがわかる。今後、組織再編で様変わりするようだが、この路線はぜひ継承してほしいと切に願う。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1308 『海上の道』

2017-05-29 10:17:13 | 書物
タイトル:海上の道
岩波文庫, 青(33)-138-6
著者:柳田国男
発行:東京 : 岩波書店
発行日:2015.11第37刷(2008.4第32刷改版, 1978.10第1刷)
形態:375p ; 15cm
注記:底本: 『定本 柳田国男集(第1巻)』
   解説: 大江健三郎
   岩波文庫創刊80周年記念改版重版の出版社の刊行案内では「活字を大きくし、字詰め行間を改め、より読みやすくしました」とある
内容:
遠い昔、日本民族の祖先たちはいかなる経路をたどってこの列島に移り住んだか。彼らは稲作技術を携えて遥か南方から「海上の道」を北上し、沖縄の島づたいに渡来したのだ……。ヤシの実の漂着・宝貝の分布・ネズミの移住など一見小さな事実を手掛りに、最晩年の柳田(1875-1962)が生涯の蓄積を傾けて構想した雄大な仮説。 (解説=大江健三郎)

目次
まえがき
海上の道
海神宮考
みろくの船
根の国の話
鼠の浄土
宝貝のこと
人とズズダマ
稲の産屋
知りたいと思う事二、三
あとがき
地図
解説(大江健三郎)
索引

購入日:2017年5月27日
購入店:丸善 京都本店
購入理由:
 「のっぴきならない遊動」展(京都芸術センター)レビューのための参考文献として購入。
 「のっぴきならない遊動」展は、海部陽介の著書を着想に生まれた企画だという。そこで海部氏の著作『人類がたどってきた道』(日本放送出版協会、2005年)と『日本人はどこから来たのか?』(文藝春秋、2016)を読んだところ、読み物としておもしろく、知的刺激を受けた。読後、同じく日本人祖先の渡来を主題とした本書を思いつき購入。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1307 『スペクタクルの社会』

2017-05-23 23:35:12 | 書物
タイトル:スペクタクルの社会
タイトル別名:La société du spectacle
シリーズ名:ちくま学芸文庫, [ト-8-1]
著者:ギー・ドゥボール
訳者:木下誠
カバーデザイン:神田昇和
発行:東京 : 筑摩書房
発行日:2016.8第6刷(2003.1第1刷)
形態:282p; 15cm
注記:平凡社(1993年刊)に訂正を施し、再刊した決定訳
   叢書番号はブックジャケットによる
   書誌: p253-262
   ギー・ドゥボール略年譜: p263-275
内容:
「フィルムはない。映画は死んだ」と言ってのけるドゥボールにかかっては、あのゴダールさえ小市民的に見えてしまう。芸術に限らず、思想も政治も経済も、「専門家」に任せきりで、鷹揚にお手並拝見と構えているうちに、いやおうなく「観客」であるしかないどころか、大仕掛けな茶番劇のエキストラに動員されてしまいかねない。こんな世界のありようと疎外感の大元を、本書は徹底的に腑分けしてくれる。ほんとうに「何一つ欠けるところのない本」だ。マルクスの転用から始まるこの本は今日、依然として一個のスキャンダル、飽くなき異義申立てと「状況の構築」のための道具であり、武器であることをやめていない。

目次

フランス語版第三版への緒言
1 完成した分離
2 スペクタクルとしての商品
3 外観における統一性と分割
4 主体と表象としてのプロレタリアート
5 時間と歴史
6 スペクタクルの時間
7 領土の整備
8 文化における否定と消費
9 物質化されたイデオロギー
訳者解題
書誌
ギー・ドゥボール略年譜
文庫版訳者あとがき

購入日:2017年5月23日
購入店:ジュンク堂書店 京都店
購入理由:
 The Third Gallery Ayaにて開催されるトーク/レクチャーイベント「写真()」への参考文献として購入。ご依頼を受けて演題内容を検討したはてに吉田初三郎の原爆鳥瞰図を取り上げようと考えた。続いて、タイトルを考えていたところ「写真(の)スペクタクル」を思いつく。「スペクタクル」と言えば、ギー・ドゥボールの本書である。何かアイデアになるかもしれないと思い読んでみる(結局、タイトルは使わなかった)。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1306 『哲学史講義 I』

2017-05-06 08:22:27 | 書物
タイトル:哲学史講義 I
タイトル別名:Vorlesungen über die Geschichte der Philosophie
シリーズ名:河出文庫
著者:G.W.F.ヘーゲル
訳者:長谷川宏
カバーデザイン:戸田ツトム
カバーフォーマット:佐々木暁
発行:東京 : 河出書房新社
発行日:2016.9
形態:473p ; 15cm
注記:底本: グロックナー版ヘーゲル全集17-19巻
    『哲学史講義』(河出書房新社, 1992年1月刊) 上巻第一部第一篇第一章までを加筆・修正し文庫化
内容:
自然とはなにか、人間とはなにか、いかに生きるべきか——哲学、そして人間精神の変遷、律動を描きだし、古代ギリシャから中世、そして近代へといたる、二千数百年におよぶ西洋哲学を一望する、哲学史上に輝く不朽の名著。『I』では「序論」「東洋の哲学」「ギリシャの哲学(第一篇第一章)」を収録。記念碑的名訳の決定版。

目次
単行本版訳者まえがき
文庫版訳者まえがき
はじめに
序論
 A、哲学史とはなにか
 B、哲学と哲学以外の領域との関係
 C、哲学史の時代区分、資料、論じかた
東洋の哲学
 A、中国の哲学
 B、インドの哲学
第1部 ギリシャの哲学
はじめに
第一篇 タレスからアリストテレスまで
 第一章 タレスからアナクサゴラスまで
 A、イオニアの哲学
 B、ピタゴラスとピタゴラス派
 C、エレア学派
 D、ヘラクレイトスの哲学
 E、エンペドクレス、レウキッポス、デモクリトス
 F、アナクサゴラス

購入日:2017年5月5日
購入店:丸善 京都本店
購入理由:
 むらたちひろテキストのための参考文献として購入。むらた作品に頻出する「水」について書こうと思い、バシュラールを読んだものの、あまり参考にならなかった。その後、哲学史からタレスの「万物は水である」というテーゼについて調べたところ、ヘーゲルに辿りついた。単行本は図書館に所蔵があったが、大部なため分冊刊行の文庫版を選ぶ。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

未読日記1305 『ジンメル・コレクション』

2017-05-05 23:10:02 | 書物
タイトル:ジンメル・コレクション
シリーズ名:ちくま学芸文庫, [シ-12-1]
著者:ゲオルク・ジンメル
編訳:北川東子
訳者:鈴木直
カバーデザイン:渡辺千尋
発行:東京 : 筑摩書房
発行日:2011.3第7刷(1999.1第1刷)
形態:334p ; 15cm
内容:
「川の両岸がたんに離れているだけでなく、『分離されている』と感じるのは私たちに特有のことだ。……いまや精神がその分離のうえに和解と統一の手をさしのべる。……橋がひとつの審美的な価値を帯びるのは、分離したものをたんに現実の実用目的のために結合するだけでなく、そうした結合を直接視覚化しているからだ」(「橋と扉」)。取っ手や橋・扉など、見慣れた風景の細部からモデルネの本質を読み解き、貨幣、大都市、女性、モードにいたるまで、現代社会のあらゆる事象に哲学的思索を向けた「エッセーの思想家」ジンメル——その20世紀的思考を生き生きと伝える、新編・新訳のアンソロジー。

目次
第1部
愛の哲学断章
女性心理学の試み
現在と将来における売春についての覚え書き
女性と旅行

第2部
いかなる意味でも文学者ではなく
取っ手
橋と扉
ヴェネツィア
額縁—ひとつの美学的試み

第3部
肖像画の美学
俳優の哲学
重力の美学
社会学的美学

第4部
社会主義とペシミズム
生の対立と宗教
ゲルハルト・ハウプトマンの『織工たち』
ベルリン見本市
よそ者についての補論
近代文化における貨幣

解説
 ゲオルク・ジンメル——エッセーの思考(北川東子)
 進化のジレンマ——ジンメルの今日的意義(鈴木直)
編訳者あとがき

購入日:2017年5月5日
購入店:BOOKOFF 京都三条駅ビル店
購入理由:
 ジンメルは以前に鷲田清一氏の著書を読んだ際に興味を惹かれ、いつか読みたいと思っていたが、たまたま別の所用で入った書店で見つけたので購入。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加