Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

Active Power社 ランタイム60秒のフライホイールを実用化

2016-09-18 15:33:34 | データセンター、施設建設、クラウド
Active Power社はランタイム60秒のフライホイールを実用化した。同社はフライホイール型UPS、いわゆるロータリーUPSを商品化している。ロータリーUPSは一般にそのフライホイール部は10秒程度でのランタイムで無停電で発電機に接続するものであるが、この長時間化によってロータリーUPSの安定度はより高まると言うことであろう。
http://www.datacenterdynamics.com/content-tracks/power-cooling/active-power-launches-flywheel-with-60-second-runtime/96940.article
なお、Active Power社については、以前にもこのブログに記したことがある(2015年4月11日)。
http://blog.goo.ne.jp/saizo2009/e/595ac28c00508f1a46efccedc7325ffe
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピン PLDTがセブ島に... | トップ | アド・コム »
最近の画像もっと見る

データセンター、施設建設、クラウド」カテゴリの最新記事