Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

ダイキン 高層ビル向け中央熱源空調の事業を強化、米マッケイ社を傘下に持つマレーシア企業を買収

2016-10-08 15:24:36 | データセンター、施設建設、クラウド
ダイキンが高層ビル向け中央熱源空調の事業を強化する。米マッケイ社を傘下に持つマレーシア企業を買収するのもその一環。マレーシアに新工場を建設することはすでにブログに記した。
http://blog.goo.ne.jp/saizo2009/e/b922e6950502153067a9100f86fed632

ダイキン、大型空調を首都圏で強化、再開発にらみ人員1.5倍(2016/10/05 日本経済新聞)
ダイキン工業は首都圏で相次ぐ都市再開発の中核となる高層ビルや商業施設向け大型空調機器の販売を強化する。不動産会社などのニーズにきめ細かく対応できるように技術営業部門を中心に人員を従来の5割増の150人体制にした。2017年初めにはインターネットで運転管理しやすい新機種も投入する。高層ビルなどで使われる大型空調機は「セントラル空調機器」と呼ばれ、東芝などが強い。ターボ冷凍機など中核の熱源装置から配管を通じて冷温水を室内機に供給して室内の温度を調整する。ダイキンは中小ビルに使う業務用エアコンが主力でセントラル空調では後発だが、今後は首都圏での営業強化で巻き返す。ダイキンは首都圏の大型再開発が東京五輪の開催後も活況が続くとみており、東京郊外を中心に販売会社や代理店の拠点を増やしている。茨城県内に工事業者などに向け製品の展示スペースも設けた。ダイキンは07年にセントラル空調機器で世界4位の米マッケイ社を傘下に持つマレーシア企業を買収して本格参入した。18年にはマレーシアに工場を新設するなど海外でも高層ビルなどに使う大型空調機事業の強化に乗り出している。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bloom Energy Japan 燃料電... | トップ | ABB IoT時代をにらみMicroso... »
最近の画像もっと見る

データセンター、施設建設、クラウド」カテゴリの最新記事