Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

富士通ゼネラル 米リーム社と提携により米国での空調事業を強化

2016-10-08 15:41:28 | データセンター、施設建設、クラウド
富士通ゼネラルが米リーム社と提携により米国での空調事業を強化する。

米社との提携効果、富士通ゼ、180億円に、20年3月期売上高(2016/10/07 日本経済新聞)
富士通ゼネラルは米国でエアコンの販売網を強化する。9月に業務提携を発表した米空調機メーカーと、省エネ対応型の全館空調システムなどを共同開発する。販売を手がける合弁会社の設立も検討する。提携効果で2020年3月期の連結売上高が約180億円増える見通しだ。富士通ゼが提携を決めたのは、米老舗空調機メーカーのリーム社。日本のガス器具メーカー、パロマ(名古屋市)の完全子会社で、米国のエアコン市場で5位のシェアを持つ。富士通ゼは20年3月期の米国売上高を前期比2倍の600億円とする計画を立てている。増収分のうち過半をリームとの提携効果で稼ぐ方針。富士通ゼのエアコンは中東などアジアを中心にブランドが浸透しつつある。今後は北米など先進国市場の開拓も進める。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本ガイシ SOFC型燃料電池/... | トップ | Equinix Verizonのデータセ... »
最近の画像もっと見る

データセンター、施設建設、クラウド」カテゴリの最新記事