Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

ネットワークカメラの画像フォーマット VGA & CIF

2016-10-08 15:01:42 | 画像通信、映像コンテンツ
ネットワークカメラの画像フォーマット(画素数)としていろいろあるが、VGAが今、主流である、CIFというものがある。
(1)VGA
Video Graphics Arrayの略で、IBMが1987年に発表した画像表示の回路規格。640×480画素の画面解像度を俗に「VGA」と呼んでいる。すなわちもともとコンピューター・ディスプレイの解像度・表示色数などを表す規格として広まっていったもの。
(2)CIF
Common Intermediate Formatの略。CIFはITU(国際電気通信連合)が定めた映像信号フォーマットの標準の一つで、352×288画素、毎秒30フレームの映像。テレビの映像信号は国や地域によって方式が異なるため、これらの異なる方式間でもテレビ電話などによる通信が行えるよう、共通の中間形式として策定された。主にテレビ電話などの低ビットレートでのコミュニケーション用途を想定している。テレビ電話/テレビ会議隆盛期の規格であり、やや古くなった感もある。

ネットワークカメラの画像用語として以下を参照のこと。
http://www.toa.co.jp/miru2/column/column9.htm

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥取・岡山県 共同でネット... | トップ | バッテリーメーカー C&D Tec... »
最近の画像もっと見る

画像通信、映像コンテンツ」カテゴリの最新記事