Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

地下燃料タンクの漏れ点検

2017-08-05 13:58:11 | データセンター、施設建設、クラウド

地下燃料タンクについては、漏れがないように日常からの点検が欠かせない。地下タンクの運用については消防法で規定されておりそれに準拠すべく、その検査方法を熟知しておく必要がある。地下燃料タンクについては長年の運用により、内部の燃料が外部に漏れ出すことも問題であるし、タンク内部に水などが混入することも問題である。近年、法的にも厳しくなってきている。

(1)点検対象
・地下タンク本体
・地下配管
・二重殻タンクのFRP外殻(FRP:Fiber Reinforced Plants)

(2)点検方法
・ガス加圧法
・液体加圧法
・微加圧法
・微減圧法
・その他の方法

上記4種の気密検査の実施要領は以下の通り。https://www.fdma.go.jp/html/data/tuchi1603/pdf/160318ki033_b1.pdf
いわゆる上記4種の気密検査と呼ばれる方法以外に、「その他の点検方法」としてあるのは以下の通り。
①漏えい検査管による確認
地中に埋設された検査管を使用しタックから漏えいした燃料を検知、検査棒を挿入し油分等の付着濃霧や地下水の有無の確認、目視による検査管内の燃料流入のないことの確認
②燃料の微小な漏れをも検知する、高感度センサーの設置
③在庫確認による確認
検尺棒や液面計により現存量を精度良く確認し、漏れを検知

(3)点検周期
・地下タンク本体/地下配管 ・・設置5年以内/1週間に1回の日常点検を実施など要件を満たせば3年に1回、それ以外は原則1年に1回
・二重殻タンクのFRP外殻 ・・3年に1回


この記事をはてなブックマークに追加

40年以上経過している地下燃料タンクの改修義務化

2017-08-05 13:57:40 | データセンター、施設建設、クラウド

地下燃料タンク2010年6月の消防法改正で、地下燃料タンクに関する規制が厳しくなり、40年以上経過しているものについては改修が義務づけられた。近年、街のガソリンスタンドが廃業に追い込まれていったのはそういう事情によるのである。
http://tikatank.info/



この記事をはてなブックマークに追加

広島 国際ホテルの閉鎖を検討中

2017-08-05 13:41:17 | 日記

広島市内中心部にある国際ホテルの閉鎖を検討中とのこと。2017年4月の報道。
http://j.sankeibiz.jp/article/id=1017


この記事をはてなブックマークに追加

京阪中之島線の延伸

2017-08-05 13:40:04 | データセンター、施設建設、クラウド

京阪中之島線の延伸構想があるようだ。まずは九条駅まで延伸、大阪市営地下鉄中央線と接続するようだ。そしてカジノ誘致先として期待されている夢州までアクセスが飛躍的に向上するとのこと。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19080190Q7A720C1LKA000/


この記事をはてなブックマークに追加

錢高組

2017-08-05 13:37:02 | データセンター、施設建設、クラウド

錢高組は、関西系の中堅ゼネコン。創業1705年の老舗ゼネコンでもある。現在は東京に本社、大阪に本店としている。2016年5月には新社長が就任している。錢高久善氏。大きく若返りを図ったようだ。
http://www.decn.co.jp/?p=67661


この記事をはてなブックマークに追加