Opera 個人のブログ

テクノロジートレンド、日々の言葉と振り返り、食べるところ、訪れた各地、草木と花々など

定年とは?

2017-05-07 13:00:42 | ライフプラン
定年とは?55歳?60歳?65歳?かつては日本では55歳定年であったのである。それが1990年代に60歳定年になったのである。比較的最近なのである。そして今は65歳定年に移行しつつあるようだ。日本全体の少子高齢化の傾向からの動きでもあろう。それのよりどころは「高年齢者雇用安定法」である。
1986年 「高年齢者雇用安定法」で60歳定年を努力義務化
1990年 定年後再雇用を努力義務化
1994年 60歳未満定年制を禁止(1998年施行)
2000年 65歳までの雇用確保措置を努力義務化
2004年 65歳までの雇用確保措置の段階的義務化(2006年施行)
2012年 希望者全員の65歳までの雇用を義務化(2013年施行)

この記事をはてなブックマークに追加

確定申告における医療費控除

2016-12-03 14:54:50 | ライフプラン
1年間の医療費の支払いが10万円以上の場合、医療費控除と言うものがある。
https://trend-news-today.com/3166.html
・還付金について
https://allabout.co.jp/gm/gc/11889/


この記事をはてなブックマークに追加

所得税に関して:給与収入者の所得とは?

2016-11-23 09:10:34 | ライフプラン
給与収入者の所得とは
給与収入- 給与所得控除(経費)= 給与所得
という関係にあり、
・給与収入約1230万円で、所得1000万円
・給与収入103万円で、所得38万円
になる。給与収入者にも一定の経費を認めていると言うことになる。

この記事をはてなブックマークに追加

配偶者控除の改正案

2016-11-20 13:17:46 | ライフプラン
今、配偶者控除の改正案が何かと騒がしい。結婚した女性(妻)の労働環境を整備するための、いわゆる「103万円の壁」の見直しに向けた動きであるが、一方でその配偶者控除を受ける納税者(夫)の年収制限を同時にかけると言う動きでもある。
http://www.sankei.com/economy/news/161116/ecn1611160036-n1.html

この記事をはてなブックマークに追加

年末調整

2016-10-29 21:38:08 | ライフプラン
年末調整の時期である。一般的に通常サラリーパーソンは年末調整によって税金を確定させていく。すなわち確定申告をしなくてすむ。いろいろと注意しておかないと税金を余計に納めてしまうことになってあしまう。家族の状況によっていろいろと控除は異なるが、主なものを以下で示す。控除とは納税者の課税対象の総所得金額から差し引かれることを指す。
(1)「平成〇年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(給与所得者の扶養親族申告書)によって税金を確定していくもの
・配偶者控除 ⇒配偶者に関する控除額は38万円である。
・扶養控除 ⇒子供に関する控除であり、16歳未満は0(こども手当で充当)、16~18歳は控除額38万円、19~22歳は控除額63万円である。
(2)「平成〇年分給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」 によって税金を確定していくもの
・生命保険料控除 ⇒新保険料で年間8万円以上の生命保険料をしている場合は、控除額が4万円となる。それ未満の保険料支払いの場合、計算式で税額が決まる。
・地震保険料控除 ⇒保険料が年間5万円超で、控除額が5万円となる。それ未満の保険料支払いの場合、その年間支払額そのものが控除額となる。
・社会保険料控除 ⇒子供が20歳を超えてから支払うことになる国民年金保険料に対しても控除はある。
・配偶者特別控除 ⇒配偶者の所得が38万円を超えていて76万円未満であればそれはそれで控除がその所得額に応じてある。
・住宅借入金控除 ⇒いわゆる抱えている住宅ローンで控除額が決まる。国のその時の住宅施策によるが一般に住宅取得に伴うローン残額に対して控除額が決まり10年間受けることができる。

この記事をはてなブックマークに追加