彩遊紀フォトログ

おすすめおでかけスポットと風景写真&美味しいラーメン店の紹介

草津温泉 ホテル櫻井 館内めぐり&イベント

2017-07-06 20:39:43 | 群馬県おでかけスポット

 ホテル櫻井は 観光経済新聞社の人気温泉旅館ホテル250選に通算5回以上入選し
 「5つ星の宿」として認定されている 草津温泉の大型温泉旅館です


今回はホテル櫻井の館内めぐり&人気のイベントをUPしたいと思います
 


「エントランスホール」 なんとも華やかです



 「全館の案内図」です クリックすると大きな写真が出てきます
 出てきた写真をもう一度クリックすると 更に大きな写真が出てきます 
   


「日本庭園」 訪れたのが初冬でしたのでチョットさみしい感じです



「コーヒーラウンジ ジャルダン」です



金沢市長賞を受けたこの作品は 館主の出品のようです



草津の美しい四季の風景と 櫻井の宿泊客へのもてなしの気持を表現
(館主さん ちがっていたらすみません・・)



こちらの施設は



「館内湯畑」です なんと模擬湯畑が・・



エントランスから少し進んで右の通路ですが 何があるのでしょう



 「新客殿ロビー」です 16階まである新客殿
 広めに作られた客室は 数寄屋造りになっているそうです



館内に茶室もあります なんと風流なっ



さらに奥へ行ってみましょう



うわーっ ひろーい



アクセサリーショップがありました 常設かどうかは分かりません



「お土産処 花かんざし」です 
一旅館の売店としては規模が大きく 群馬の特産品やご当地ものが盛りだくさん
ホテル櫻井のマスコット「さくらいっ娘」グッズがおススメです



「ラーメンコーナー」です 夜食に最適です~



ラーメンコーナーもすごく広いです



「お祭り広場」です 
 櫻井名物の湯もみショー&和太鼓ショーが行われます(毎日開催)



「クラブモンブラン」です 二次会処になっていてカラオケが楽しめるそうです



「コンベンションホール パレルージュ」です
 全350席の大きなホールは 夕食のバイキング会場になっていました



初冬の宿泊ということで クリスマスツリーですね



別料金で多様なお酒も頂くことができます



エレベーターを降りて1階に行ってみましょう



大小宴会場がたくさんあります



 和風旅館らしい古美術品の展示 優雅な気分にさせてくれます



「大浴場」です 
 万代・西の河原・わたの湯の3っの源泉を加水なしで引き込んでいるそう
そして驚くのがその広さ 男湯場のさは 級で約20mもあるそうです



「癒し処 楽庵」 大浴場のそばにはマッサージの施設も



降りてきたエレベーターのしたに人口の池が



 やっぱりお魚が泳いでいました このあたりも期待を裏切りません



エレベーターをのぼって2階に戻り さらに探検をしましょう



「ゲームコーナー」です 
若い年齢層の利用が少なめなのでしょう そう多くはありません
なお夏季のみ営業になりますが プールもあります(宿泊客は無料で利用可能)



「王家の広場」と・・



「ロドンの館」は中宴会場です



王家の広場とロドンの館のまわりは よくわかりませんが洋風な感じです



 お祭り広場で湯もみショーが始まりました
 草津温泉に来たならこれはみておきたい



お客さんも民謡に合わせて「草津よいとこ一度はおいで」「ちょいなちょいな~」



これがかなり好評です
しかも湯もみ体験したら先客〇〇名様にオリジナル商品に使える館内商品券が!!
(湯もみショーは毎日開催とのことですが 館内商品券はどうかわかりません)



つづいて櫻太鼓ショーです 櫻井オリジナルの楽曲を従業員有志が演奏
和太鼓の演奏後に流れていた曲です
「ホテル櫻井~ 一度といわず~ 二度も三度も あチョイナいらっしゃい~」



 お部屋に戻ってきました 大きなホテルですから冒険気分で館内めぐりをして
 名物イベントも満喫できました(さくらいっ娘グッズ買うのわすれたー  )

散策といえば湯畑散策は外せませんが 徒歩9分と少々距離があります
  ホテルから湯畑まで送迎バスがでていますが
    西の河原通りなどの温泉街を歩きながら櫻井に戻るのもお勧めです

 次回は 「西の河原公園 」 をUPします  

『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホテル櫻井 本客殿露天風呂付... | トップ | 西の河原公園 (群馬県吾妻郡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

群馬県おでかけスポット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。