彩遊紀フォトログ

おすすめおでかけスポットと風景写真&美味しいラーメン店の紹介

丸岡城 (福井県坂井市)

2016-05-20 20:50:54 | 日本100名城めぐり

 丸岡城は戦国時代の天正4年(1576年)一向一揆の備えとして織田信長の命
により柴田勝家が甥の勝豊に築かせ 天守閣もこのときあげられたとされています


 「昔の丸岡城の概要」です クリックすると大きな写真が出てきます
 出てきた写真をもう一度クリックすると 更に大きな写真が出てきます
図に描かれている本丸・二の丸を内堀が巡り
さらにその外周を三の丸と外堀が囲んでいたそうです



 「丸岡城の説明」です クリックすると大きな写真が出てきます
 出てきた写真をもう一度クリックすると 更に大きな写真が出てきます



丸岡城築城400年を記念して造られた日本庭園式公園です



 歴史民俗資料館には 歴代城主ゆかりの品が展示されています



 園内には400本のサクラが植えられ 日本のさくら名所100選に認定されており
 4月には 丸岡城桜まつりが行われるそうです



天守閣までは 散策程度の軽い登りみち



「日本一短い手紙」 一筆啓上賞は第一回「日本一短い母への手紙」以降も
毎回テーマをかえて続けられており これまでに100万通を超える応募があったそうです



 入場券売り場です ここから先は有料ゾーン
 開城時間 8:30〜17:00(最終入場は16:30)
 入城料  大人300円 小中学生150円



おおーっ 見えてきました



「一筆啓上の碑」です 「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」
 徳川家康の家臣 本多重次が陣中から妻に宛てたこの手紙には
「家を守り 家族を愛し 忠義を尽くす」という思いが短い文の中に込められています
この石碑が縁で 日本一短い手紙文の一筆啓上賞の起こりとなりました



「丸岡城天守閣」です 国の重要文化財で現存最古の天守といわれています
 外観は二層 内部は三層の独立式望楼型天守閣です
廻縁や破風を設けた 戦国時代の天守としては豪華な造りをしています



 屋根瓦には寒冷地であるという理由から石瓦が使われています
約6000枚の瓦が葺かれており 1枚20〜60kg 屋根全体で120トンにもなるとか
なお現在の天守は 昭和23年福井地震によって倒壊したあと
昭和30年に部材を組みなおして修復再建されたものとのこと




 このしゃちほこは 昭和23年の福井震災のときに落下してしまったものです
  戦時中に作られたもので 材料不足のため銅板は使われず
   天守の石瓦と同じ材料でできているそうです



 丸岡城の石垣は 野面積みという戦国時代の古い方式で
隙間が多いので排水がよく 大雨に崩れる心配がないといわれています




 天守閣の入口です 土足禁止ということで 備え付けのスリッパに履き替えます



 石落としです 石垣を登ってくる敵に石を落としたり 弓・鉄砲を射かけます



天守閣一階の入側と窓の説明です



狭間です 鉄砲や弓矢を打ちかけるための銃眼です



天守閣の一階は パネルや模型などの展示物があります



 「丸岡城の模型」です クリックすると大きな写真が出てきます
 出てきた写真をもう一度クリックすると 更に大きな写真が出てきます



見覚えのあるお城の写真が・・ もしかして現存天守かな



現存天守ということで 例にもれず急な階段の出現です



天守閣二階の説明です



天守閣二階の内部です 外観は二層の天守ですがナカナカの居住性があります



懸魚を内側から見ることができます
戦国時代のお城ですが 装飾を意識した豪華な造りをしていますね



天守閣三階の説明です




天守閣三階の内部です 広さは二階と同じとのこと



さすがに廻縁には立ち入ることはできません



丸岡城天守閣から西側の景色です



丸岡城天守閣から北側の景色です



丸岡城天守閣から東側の景色です



丸岡城天守閣から南側の景色です



丸岡城の駐車場にあった休憩所・お土産屋です
観光情報収集にも〜(係りの方がいないときは丸岡城の券売機売り場へ)

 次回は 「 一乗谷城(福井県福井市) 」 をUPします 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加