神奈川・採用@株式会社サンクレザン 在上海(笑)

2010年9月に本業そっちのけで上海に移住してしまいました(^^; 人材サービスでも上海のアテンドでもなんでもやりますw

●上海市の100歳以上1751人  ●60歳以上の海外旅行が増加

2016-10-17 09:06:08 | ニュース
●中国で「敬老の日」とされる、旧暦9月9日の重陽節を10月9日(日)を前に、上海市黄浦区にある上海科学会堂で8日(土)、長寿を祝う「2016年上海市十大寿星評選活動発布会及び表彰式」が行われた。
同式典では、107歳の男性、宋氏と市で最高齢となる112歳の女性、朱氏がそれぞれ〝老寿星(最高齢賞)〟に選ばれた。市の統計によると、市の戸籍を持つ100歳以上の高齢者は、2015年に1751人となり、14年と比べ120人増加したと言う。また14年比で100歳以上が7・4%、80歳以上が3・6%、60歳以上が5・3%増加し、市の人口の高齢化は急速に進んでいる。

●大手旅行サイト「携程」が発表した2016年「高齢旅行客飛行機搭乗レポート」によると、今年上半期に、60歳以上の旅行者が、市から中国香港やミラン、メルボルンなど167カ国、816の都市を訪れており、中でも70歳以上が3割を占めていることがわかった。
~上海ジャピオン2016年10月14日号



中国にも高齢化社会がやって来ておりますな。

まったく疎い分野なんですが、高齢者福祉やサービスはどうなんでしょうか?

この辺りにも金持ちとそうでない人の格差は激しく出ているんでしょうね。


中流以上を狙える事業が立ち上げられるなら、中国は大きなマーケットになりますよね。

あんまり海外の高齢者福祉系のサービスが来ていない感じがするのですが、これは検討したうえで控えているのでしょうか?

まだまだお手伝いさんが蔓延っていますから、それで全てカバーしちゃってるのかな?


一方で、お金を使えるヒマ人を相手にするって意味では、お年寄りの海外旅行が増えているっていうのは自然な流れですよね。

やっぱり中国のお年寄りを相手にした仕事は一つの大きなマーケットですよ。

・・・さて、何しましょうか?(笑)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煎餅に八つ当たり!? 運気が上... | トップ | 配車事業で市がパブコメ実施... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL